そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

校庭に掲げられた100枚の黄色いハンカチ

f:id:Cupidpsyche:20201115104128j:plain



沖縄県石垣市の富野小中学校(宮川るり子校長)は2020年11月10日、日本映画を代表する俳優で2014年11月10日に亡くなった高倉健さんをしのぶ会を開きました。


富野小中学校のみなさんたちと名俳優高倉健さんを繋げているのは何なのでしょうか?



それは高倉さんが生前、市内に滞在中に偶然同校の運動会を目にしたことが縁で交流が芽生えたことに始まりました。そして亡くなった後も命日の日に“記憶”を語り継いできたからなのです。


15人の全児童生徒は「とてもすてきな運動会。世界に誇れる日本の風景だと感じた」という高倉さんの言葉を胸に「一生忘れない」と誓いました。七回忌の今年、主演映画にちなんで黄色いハンカチ100枚を校庭に掲げたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201115104311j:plain



高倉さんが初めて運動会を見たのは21年前の1999年6月です。後に自身のラジオ番組で話題として取り上げ「15人の子どもたちに対して、おじいやおばあら100人近い人が総出で盛り上げていて感慨深い」「とっても温かくて不思議なうらやましい光景」「気付いたら1時間立ちっぱなしで手をたたいて応援していた」などと熱っぽく紹介したのです。


その後、高倉さんが手紙とラジオの録音テープを同校に送ったことを機に交流が生まれました。そのお礼に子どもたちの感謝の言葉のテープを贈ると、高倉さんからは双眼鏡が贈られるなどその後も関係が続いたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201115104330j:plain



体育館での式典では、当時のラジオ番組を流し、記憶を共有しました。宮川校長は、人生で一番大切なものを「心」と説いた高倉さんの名言を紹介し「校訓の『美ら心』と通ずる。感謝の気持ちを忘れず、思いやりの心を持って将来の夢に向かって頑張って下さい」と生徒たちに呼びかけました。


名俳優と深い関わりのあった富野小中学校。その消せない記憶をこれからも語りついでいて欲しいと思います😊