そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

全国初!の運用 それは・・・「急がない救急車」 福岡県北九州市

f:id:Cupidpsyche:20201116205011j:plain



急がない救急車というと、みなさんはどんなイメ-ジをもつでしょうか?


それ自体、救急車じゃない・・・


しかし、これからは救急車は急がないかもしれません。


緊急搬送する必要のない患者を病院が所有する救急車とスタッフを活用して運ぶという全国初の試みが、福岡県北九州市で始まりました。


これは、市立八幡病院を中核に国なども参加したモデル事業で、病院が所有する救急車で容体の安定した患者や高齢者を介護施設などから病院へ運ぶ全国初の試みだそうです。


病院の救急車を使うため、緊急性が求められる消防局運用の救急車の出動を減らせる効果が期待できるといいます。


北九州市立八幡病院の伊藤重彦院長はこう述べています。


f:id:Cupidpsyche:20201116205348j:plain



「安心して運べる車が登場することで、消防救急車の搬送件数の負担を減らす。緊急走行しないゆるやかな救急搬送という新しい搬送手段が必要」


また救急車には地域メディカルコントロール協議会の認定を受けた病院所属の救命士が乗り込み、患者の容体急変に対応することになっていて、国はこの取り組みを今後は全国に広げたい考えでいます。