そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

作り手と食べ手の想いが重なって😊インスタライブから生まれた「ピスタチオサンド」

f:id:Cupidpsyche:20201120204706j:plain



みなさんは「チョコ部」って知っていますか?バームクーヘンなどが人気の洋菓子店「クラブハリエ」のショコラティエとそのファン、つまり、チョコを愛し、そしてチョコに愛される人たちのこと・・・


2021年のバレンタインのお菓子を開発するプロジェクトのこと。このプロジェクトで最初に開発されたスイ-ツが、即日完売となったのです。その人気の秘密は一体、何?


「チョコ部」は、クラブハリエの代表取締役社長であり、グランシェフも務める山本隆夫氏と、ショコラティエの原田誠也氏が中心となり結成された“部活”なのです。新型コロナウイルスによる自粛期間中、山本社長がインスタライブを始めようとしたことから始まったのです。



f:id:Cupidpsyche:20201120204810j:plain



始めはお菓子について話ができる場所、多くの人にクラブハリエのことを知ってもらうための場所としてインスタライブをスタートさせました。


その中で「自粛期間中、大変な思いをされている皆さんに楽しんでいただきながら、何か喜んでいただけることができないか」と考えるようになったのです。


インスタライブの視聴者と一緒に商品開発ができたら面白いのでは・・・ということになり、実際に商品を作り出すまでになりました。


インスタライブは、毎回100人から150人が視聴しているといいます。ライブの中でまず“チョコ部”が発足されました。命名したのは視聴者です。そして、ロゴを決め、商品について意見を交わしていくことになります。



そして「チョコ部」がスタートしてから約半年がたちパッケージデザインなども視聴者の投票により決定し、初の商品「ピスタチオサンド」が誕生したのです。


「部員」たちと一緒に開発した「ピスタチオサンド」は、「期待している人たちの想像を超える美味しいものにしたい」と、ピスタチオ感をしっかり出すことや味のバランスにこだわり開発されたスイ-ツなのです。



こうして出来上がりをみた「ピスタチオサンド」は、2020年10月1日に発売をスタートしました。途端にあっという間に売れて即日完売となったのです。


再販のリクエストが多かったことから、10月15日にインスタライブを行い再度販売したところ、アクセスが殺到してしまい、しばらく繋がらない状況となり、約15分で300個がまたも完売となったのです。


これだけの反響をもたらした理由は何だったのでしょうか?「インスタライブで商品開発を行ったことがネットニュースなどで取り上げられ、話題となったことも理由だと思います」と話すのは、広報の水森貴文氏です。


いや、それだけではなかったはずです。


きっとそれ以前に、商品そのものの魅力もあったはずです。



f:id:Cupidpsyche:20201120204854j:plain


「イタリア産のピスタチオを使用した斬新なサンドイッチ型の新商品ということで話題になりました。希少なピスタチオを使っているため、限られた数しか作れないということもありますが、インスタライブを通じて商品の魅力が伝わったこと、人気のピスタチオをたっぷり使っていること、数量限定で店舗での販売予定がない希少な商品であることなどから、即時完売することに繋がったのではないでしょうか」と水森氏は話しています。


現在も1カ月に2回ぐらいのペースでインスタライブは継続しているそうです。そして、うれしいことにバレンタインの商品として、「ピスタチオサンド」を販売しようという計画があるそうです。


今年は新型コロナウイルスの影響で、誰もが予想していなかった大変な状況になりました。そんな中で、絶対必要というわけではないのですが、お菓子は普段の生活に楽しさや癒やしを与えてくれるのかもしれません。


インスタライブを通じて、作り手と食べ手の思いが見事に重なったからこそ誕生した「ピスタチオサンド」。2021年のバレンタイン商品にも期待で胸が高鳴りそうですね😉