そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

韓国ではスマ-トで非対面でレンタル、購入できる本の自販機が人気?!

f:id:Cupidpsyche:20201121152223j:plain



ソウル市内の住宅地、延禧洞(ヨニドン)にあるインディペンデントな書店ユアーマインド。一軒家をリノベ-ションした建物の2階が本屋、そのほかにカフェ、雑貨屋、花屋も入っています。


大型書店とインターネット書店が主流の韓国において、数年前から個性的な独立書店が話題になり始め、業界に新たなムーヴメントを巻き起こしたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201121152409j:plain


いまやひとつの書店のジャンルとして定着しているほどです。デザイナーが手がけるセンスの良い文具や雑貨のセレクト、映画や音楽などの特定のジャンルをテーマにした店づくりが、独立書店の大きな魅力といえます。



その独立書店ユアーマインドのユニ-クさは、店の外に置かれた自動販売機、その名もスモールボックス!にあります。


f:id:Cupidpsyche:20201121152559j:plain



そこで売られているのは、手に収まるくらいのサイズの本、バッジ、ステッカーなど、小さくて可愛い雑貨たちです。まるで子どもの頃に親しんだガチャガチャのような感覚で、大人が楽しむ姿が見られるといいます。



ユアーマインドの自動販売機の利用は、クレジットカードのみです。書店が休みの日でも利用することが可能です。


本の自動販売機といえば(厳密にはレンタルのみ)、韓国では図書館が積極的に導入しています。非対面で本の貸し出しができる「スマート図書館」がそれなのです。図書館にもありますが、人々が日常的に利用する地下鉄の駅などにも設置されており、気軽に本を借りたり返却したりすることができます。


該当区の図書館カードを作れば誰でも利用することができ、無休で運営されていて、貸し出す人手も不要なので効率的だと評価を受けています。





f:id:Cupidpsyche:20201121152529j:plain




利用できる本の充実ぶりにスゴく、タッチパネルで借りたい本のタイトルや著者、出版社を検索することができ、新刊や人気のタイトル、推薦図書から選ぶこともできるのです。



レンタルの前後に本の消毒も徹底されていて、特に
今年はコロナ禍で図書館が休館したこともあり、これまで以上にスマート図書館はニーズが高いといいます。


ウィズコロナ時代を狙って作られたものではありませんが、先取ったスタイルが時代にうまくマッチしたのでしょう。その他にも韓国では古本の自動販売機も現れ、おすすめのタイトルをランダムに表示させるものも登場して、今後はどのように進化していくのか、とても興味深いのです。

ひょっとしたら、自販機で販売、レンタルできるものは全て自販機になったりしてネ😅