そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!毎日1~2記事更新!土、日は更新多めです。どうぞよろしくお願いします😊 

親友の死、けれど大切なことを彼は教えてくれた・・・

f:id:Cupidpsyche:20201126202604j:plain



過去の記事で取り上げた伝説の俳優リヴァ-・フェニックス。そのリヴァ-・フェニックスと親友だった俳優がいます。


その名はイ-サン・ホ-ク。彼は親友だったリヴァ-から大切なことを教わったといいます。


それは一体、どういうものだったのでしょうか?



f:id:Cupidpsyche:20201126202704j:plain


イーサン・ホークとリヴァー・フェニックスが出会ったのは1985年の映画「エクスプローラーズ」でした。


イーサンは当時14歳でこの作品でスクリーンデビューを飾りました。リヴァーは15歳でした。年齢が近かったことから2人はオーディションやキャスティングで役を争うことが多々ありました。



f:id:Cupidpsyche:20201126202724j:plain


そのほとんどの役をリヴァーが獲得したといわれています。しかし、プライベートでは深い友情を築いていたといいます。1993年、リヴァーが薬物の過剰摂取で亡くなるまで2人は親友だったのです。


最近、新聞「ガーディアン」のインタビューを受けたイーサンはインタビュアーに「なぜハリウッドの大作のような気軽な映画に出演しないのか?」と聞かれると、彼はこう答えました。


「僕の最初の共演者は薬物を過剰摂取してサンセット・ブルーバードで亡くなったんだ。彼は眩しい光だった。でもこの業界は彼を食い潰してしまった」


「それが僕には大きな教訓となった。僕がロサンゼルスに引っ越さない理由を一言で語るとするなら、僕のような俳優がああいう環境に身を置くのは危険すぎるということだろう」。


イ-サンは常にハリウッドから距離をおき、小規模でもユニークな作品に出演し続けているわけを明かしたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201126203826j:plain


イーサンはリヴァーだけでなく『その土曜日、7時58分』で共演して親交のあったフィリップ・シーモア・ホフマンも薬物の過剰摂取で失っています。



f:id:Cupidpsyche:20201126203832j:plain


また『いまを生きる』で共演して以来尊敬していたロビン・ウィリアムズの自殺も経験しています。


「世界のどこでも薬物とアルコール、鬱は恐るべき敵だ。人は自分の求めているものを手に入れれば幸せになれると思っている。でも自我や人生の目的、愛は外から来るものではない。見えたままの姿とは限らないものを称賛するカルチャーのせいで気をそらされてはいけない」。


過去のインタビューで2001年にオスカーにノミネーションされた直後からユマ・サーマンとの結婚生活がうまくいかなくなり、離婚直後には鬱も経験したと明かしているイーサン。



f:id:Cupidpsyche:20201126202821j:plain


それでも約35年に渡って着実にキャリアを築き続けられたのは親友リヴァーの人生が教えてくれたものなのかもしれません。


リヴァ-を失なってしまったのは悲劇だったけれど、イ-サン、君は素敵な親友を持っていたんだね😊