そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

1988から2020へ・・・時代を越えて「AKIRA 」は今、何を訴えかけるのか?

f:id:Cupidpsyche:20201129195610j:plain



伝説のアニメ映画『AKIRA』が、「ドルビービジョン」HDR映像にリマスターされ、12月4日より全国のドルビーシネマ7館にて上映されることが決まりました。



今回上映されるドルビーシネマ版は、35mmマスターポジフィルムから4Kスキャンされた映像を「ドルビービジョン」HDR映像にリマスターすることによって、従来のフォーマットでは表現が不可能だったコントラスト、輝度、色域で『AKIRA』の映像を再構築していきます。


従来のフォーマットではつぶれてしまっていた明るい光や隠れてしまっていた暗部の深いディテールが表現されることで、今まで見たことがないような没入感あふれる映像を実現することに成功しています。


f:id:Cupidpsyche:20201129200349j:plain



講談社「ヤングマガジン」にて1982年12月より連載が始まり、国内外で大ヒットした大友克洋の同名SF漫画を、大友克洋自らのメガホンによってアニメ化した本作。当時、製作期間3年、総制作費10億円、そして当時最高峰のアニメーション技法を費やして製作され、1988年に公開されました。



f:id:Cupidpsyche:20201129200700j:plain


最高機密「アキラ」を中心として、現代の政治と宗教が入り組み、それに若者たちのエネルギーがさく裂する規格外のスケールや予測不可能なストーリー展開はもちろん、細密画のように綿密に描きこまれた各カット、息つく間もないスピーディーなアクションシーン。


そして映画のテーマでもある、破壊の後の“再生”への願いが描かれています。壮大なSFアニメであると同時に、熱い人間ドラマにもなっています。



f:id:Cupidpsyche:20201129200401j:plain


1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発。31年後の2019年、東京湾上に構築されたメガロポリス、ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。


“健康優良不良少年”グループのリーダー・金田は、荒廃したこの都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していました。ある夜、暴走中に奇怪な実験体の少年と遭遇したグループメンバーの鉄雄は、軍の研究所へと連れ去られてしまいます。


鉄雄救出のために研究所へ潜入を試みる金田ですが、そこには過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した、狂気の鉄雄がいたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201129200425j:plain


一方、研究所内の特殊ベビールームでは、実験体の少女が「最高機密=アキラ」の目覚めを予言。鉄雄は自らの力の謎に近づくべく、地下深く眠る「アキラ」への接近を開始する・・・


時を越えて、コロナ禍の今、「AKIRA 」が改めて訴えかけるものは何でしょうか・・・


アニメ映画「AKIRA」ドルビーシネマ版は、12月4日より全国ドルビーシネマ全7館にて上映されます。

AKIRA 4Kリマスターセット(4K ULTRA HD Blu-ray&Blu-ray Disc3枚組)(特装限定版) [Ultra HD Blu-ray]

価格:8,009円
(2020/11/29 20:16時点)
感想(0件)

AKIRA [DTS sound edition] 【DVD】

価格:1,822円
(2020/11/29 20:23時点)
感想(0件)