そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

安全性のアピ-ルになるか?コロナワクチンの公開接種

f:id:Cupidpsyche:20201205111314j:plain



なんと、元米大統領のバラク・オバマ、ジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントンの3氏が、コロナワクチンの接種を公の場で行う可能性があることが分かりました。ワクチンの安全性に対する国民の疑念を払拭するのが狙いだといいます。


オバマ氏はシリウスXMラジオで司会を務めるジョー・マディソンとのインタビューで、自身がワクチン接種をする理由を次のように説明しています。


「例えば私は(国立アレルギー感染症研究所の所長である)アンソニー・ファウチのことをよく知っていますし、一緒に仕事をしたこともあります。彼には信頼を寄せていますので、もし彼がこのワクチンは安全で、新型コロナの免疫を獲得できると言うなら、私は間違いなく摂取するでしょう」



さらに彼は、「リスクの低い人たちのために作られた」ワクチンで免疫をつけるプランを明かし、「私がテレビカメラの前や、撮影されている時にワクチンを接種することで、私がこの科学を信頼し、新型コロナにかかる方が恐ろしいと思っていることを人々に伝えたい」と語りました。


一方で、ジョージ・W・ブッシュ氏はすでにファウチ所長にコンタクトを取って、カメラの前でのワクチン接種を喜んで引き受けると伝えたそうです。


ブッシュ氏の首席補佐官であるフレディ・フォードはCNNに対して、「数週間前、ブッシュ元大統領は時期が来たら自分ができることをし、国民にワクチン接種を促していきたいという旨を、ファウチ氏や(ホワイトハウスで新型コロナ対策調整官を務める)デボラ・バークス氏に知らせるよう私に指示しました」と語り、「ワクチンの安全性が確認されたら、まずは優先順位の高い人々に投与される必要があります。その後、ブッシュ氏は順番に列に並び、喜んでカメラの前で接種するでしょう」と述べました。


クリントン氏の報道官を務めるエンジェル・ウレナも、CNNに対して、ワクチン接種の促進のためにできることは喜んで行うとコメント。


「クリントン元大統領は、公衆衛生当局が決めた優先事項に基づき、可能になればすぐにワクチンを接種するでしょう。すべての国民に接種を促す助けになるなら、公の場で行う可能性もあります」と語っています。



f:id:Cupidpsyche:20201205111637j:plain


かつてアメリカのトップにいた面々によるこの“公開接種”は、果たして実現することになるのでしょうか?


そして日本は・・・