そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

森が開発され、居場所を失ってしまった黒猫の妖精の物語

f:id:Cupidpsyche:20201205135145j:plain



中国発のアニメ映画「羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)ぼくが選ぶ未来」が注目を集めているといいます。


森が開発され居場所を失ってしまった黒猫の妖精「シャオヘイ」が、暮らせる場所を探す旅に出て、他の妖精や人間との交流の中で、妖精と人間が共存するための道を模索する物語です。



f:id:Cupidpsyche:20201205135840j:plain


日本では2020年11月上旬から日本語吹き替え版が公開され、人気を博しています。


12月2日には、ショップサービス「BOOTH」上で販売されているフィギュアが話題となり、「羅小黒戦記・フィギュアセット」や販売元の「上海COMICUP魔都同人祭」がツイッターのトレンド入りを果たしたほどです。



同作は、マンガ家でありアニメ監督のMTJJさんが監督を務め、同氏が代表を務めるアニメ制作会社「北京寒木春華動画技術有限公司」が制作しました。2011年3月に原作となるWEBフラッシュアニメシリーズを動画サイト上に公開後、人気が伸び、劇場版が制作されました。


劇場版アニメは2019年9月に中国国内で公開されました。2020年8月現在までに「3.15億人民元(約48億円)の興行収入」(日本語吹き替え版の製作発表プレスリリース)を記録し、大ヒットとなったのです。


f:id:Cupidpsyche:20201205135916j:plain



日本でも2019年秋から一部劇場で字幕版が公開されました。これが口コミなどで話題となり2020年8月、アニプレックスが日本語吹き替え版を製作すると発表しました。アニプレックスとチームジョイの共同配給で、2020年11月7日より全国の映画館で公開されています。


SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、日本向けに同作を紹介する公式ツイッターアカウントを計測(サンプル調査)すると、2019年9月にアカウントを開設して以来フォロワー数は増え続けていて、現在は5万フォロワーを超えました。


また同作について言及するツイート数も計測してみると、2019年は多くても約3000件だったのが、2020年11月には4万件を超える日もあるほどです。


ツイートでは、「シャオヘイかわいい」、「優しい展開に最高に癒される」といった感想が相次いでいるほか、躍動感あるアクションシーンへの評価も高いようです。


また吹き替え版については、人気声優らが出演したことでも注目を集めました。


黒猫の妖精「シャオヘイ」役を花澤香菜さん、植物を自在に操る妖精「フーシー」役を櫻井孝宏さん、人間の「ムゲン」役を宮野真守さんが務めています。



ファンからは「櫻井孝宏と宮野真守のド優しい『おいで』が聞けるだけでチケット分以上の価値がある」、「日本語吹き替え声優を決めた方々とは握手したい」と好評を博しています。




f:id:Cupidpsyche:20201205135950j:plain


2020年12月1~2日にかけては、ショップサービス「BOOTH」上で販売されているフィギュアが話題となりました。


中国最大級の同人即売会「COMICUP」の運営委員会は、クリエイター向けショップ作成サービス「BOOTH」上で、中国国内限定販売だったフィギュアの予約販売を開始しました。


発売したのは「ムゲン」と「シャオヘイ」のフィギュアです。中国初上映の際にクラウドファンディングで限定生産したものだといいます。


そして12月2日14時頃、「ムゲン」のフィギュアが完売し、「予想より早く予定在庫に立ちました!オーダー確認のため、無限様のページを一時に非公開させて頂きます」と発表がありました。


「BOOTH」を参照すると16時現在には「シャオヘイ」も完売したようで、ファンからは再入荷を望む声が多数寄せられていたようですよ😊