そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

世界で愛される「ポッキー」 ギネス世界記録!

f:id:Cupidpsyche:20201208095939j:plain



江崎グリコの「ポッキー」が、世界で最も売れた「チョコレートでコーティングされたビスケット」としてギネス世界記録に認定されました。


誕生から半世紀以上にわたり、消費者の心をつかんで離さないメガヒット商品といえます。


f:id:Cupidpsyche:20201208100642j:plain




ポッキーは国内だけに留まらず海外戦略にも力を入れています。1970年のタイ進出を手始めに、その後も各国に拠点を拡大していき、現在は30か国・地域で売られています。


各国で受け入れられるように、味や売り方にも工夫をこらしています。アメリカでは「クッキー&クリーム」など、現地でおなじみの味をラインアップに追加していきました。


また中国では「ピーチ」や「ブルーベリー&ラズベリー」など、常時20種類ほどの味をそろえ、消費者のニーズに応えています。



江崎グリコによれば、ギネス世界記録に認定された2019年の世界売上高は5億9000万ドル(約620億円)といいます。
今ではポッキー全体の売り上げのうちの6割は海外が占めるといいます。


ポッキーはどんな歴史を歩んできたのでしょうか?



f:id:Cupidpsyche:20201208100701j:plain



ポッキーは企画当初は「てくてく歩きながら食べるチョコスナック」というコンセプトから「チョコテック」という名称がついていました。その後、社内での議論の末、「ポッキン」という食感から「ポッキー」の名称に変更され、1966年に発売されました。



f:id:Cupidpsyche:20201208100707j:plain



1970年代に入ると、購買層の幅を広げるために新たな味を投入しました。1971年に「アーモンドポッキー」、発売10周年となった1976年には、子どもたちをターゲットにした「いちごポッキー」も発売されました。



時代はバブル期(1980年代後半~90年代前半)に突入、「アーモンドクラッシュ」や「マーブル」「つぶつぶいちご」と高級感のある商品を相次いで売り出しました。


その後は販売の主戦場はコンビニに移り、お菓子メーカー各社が狭い棚を激しく奪い合っているのです。

これからもポッキーはみなさんに愛されるお菓子として、存在し続けることでしょうね😃ギネス記録おめでとう!ポッキー😉