そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

グーグル、視線で言葉を選んで会話できる「Look to Speak」アプリをリリース

f:id:Cupidpsyche:20201209110456j:plain



グ-グルはアメリカ時間12月8日、発話の不自由な人が容易にコミュニケーションできるよう支援するアプリ「Look to Speak」を、「Android 9.0」以降を対象に提供開始しました。


このアプリでは、候補として提示される複数のフレーズのうち、1つを見つめることによってそれを選択できます。さらに、選択されたフレーズをユーザーに代わって読み上げてくれます。



f:id:Cupidpsyche:20201209110650j:plain


このアプリは、言語機能や身体に障害がある人を主な対象としていて、発話と言語のセラピストであるRichard Cave氏とともに開発されました。


スマートフォンに組み込まれた機械学習を活用して、ユーザーの視線の先を特定するため、目の動きによって発話したいフレーズを選択することができます。



このアプリはスマートフォン向けに提供されているため、視線検出技術が組み込まれた特殊なコミュニケーションデバイスがなくても利用することが可能です。


そのようなデバイスの場合は、自分の思いを一文字一文字出力できるが、Look to Speakアプリは、主要な考えをすばやく伝達できるように支援することを目的にしています。


視線検出の感度は調整可能で、単語やフレーズをパーソナライズすることもできます。アプリによって収集されるデータはすべて非公開となります。


このアプリはグ-グルの実験的プロジェクトの一環として開発されたものです。