そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

日本各地の師走風景 仏様が合掌している手”のような形の果実「仏手柑」の収穫 和歌山県田辺市

f:id:Cupidpsyche:20201212195502j:plain



ミカンの産地・和歌山県田辺市では、柑橘類の一種で“仏の手”を連想させる形の「仏手柑」の収穫が行われています。



f:id:Cupidpsyche:20201212195551j:plain


枝に黄色く実った不思議な形の果実・仏手柑。生で食べるには向いていないということですが、香りの良さが特徴で、仏さまが合掌している手のように見えることから「仏手柑」と名づけられています。



仏手柑は江戸時代初期にインドから伝わってきたといわれ、実の先が広がっていることから「末広がり」の形が喜ばれ、現在でも正月の飾り物などとして重宝されているのです。


農家では、形が異なる大きな実を朝早くから手作業で収穫し、今年は1000個ほどの収穫を見込んでいて、年末に向け京阪神や名古屋などの市場に出荷されるということです。

縁起物ですね😃バナナかと思いました😅