そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

毎年5000人が参加する西宮神社の「福男選び」コロナ禍で、2021年は80人に・・・ 兵庫県西宮市

f:id:Cupidpsyche:20201212215906j:plain



商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社・兵庫県西宮市の西宮神社で、毎年1月10日の恒例行事「開門神事福男選び」が、コロナ禍で2021年は規模を縮小して行われることになりました。



福男選びは、商売繁盛を祈願する十日戎(えびす)期間中の1月10日午前6時の開門に合わせ、参拝者が門から本殿までの約230メートルを駆け抜け、一番での参拝を目指す神事です。本殿へ早く到着した上位3人が、同神社から「福男」に認定されます。


毎年約5000人が参加しますが、開門時の事故防止のため、例年は10日未明に先着1500人による前列の場所割抽選を行い、門前のAグループ108人、後列のBグループ150人、その他のCグループに分け、時間差で福男を目指し神社内に参入してきました。



2021年は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、西宮神社と元福男らで結成された開門神事講社が協議した結果、申込書を同神社に郵送・持参した事前申込者の中から、抽選で福男選びに参加する80人を選ぶことになりました。例年行ってきた福男による鏡開きや、参拝者への「開門神事参拝証」授与は中止になります。



応募資格は、中学生以上55歳以下の全力疾走に耐えうる人!開門神事当日の午前4時に集合できることが条件です。参加申込書は西宮神社のホームページから申込用紙をダウンロードするか同神社の社務所で受け取り、12月15日必着で神社に持参するか郵送で申し込みが必要となります。


12月17日に、同神社の拝殿で参加者を抽選する予定で、80人は検温や、神社から配布される「開運爽福(そうふく)マスク」を着用して、3密を避けコロナ対策を徹底しながら一番福を目指すことになります。


97、98年の福男で、開門神事講社総長の平尾亮さんは「開門神事は元気を与えられるもの。できる限りのコロナ対策をして、福という元気を与えられたら」と意義を話しています。


今年の福男選びは「新型コロナ終息祈念」の冠がつくことになりそうで、例年の参加者5000人から、80人に絞られる相当な狭き門となります。


締め切りを前に、相当数の応募が神社にあるといわれ、なんとかエントリーできただけでも、縁起がよさそうですね😃