そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!毎日1~2記事更新!土、日は更新多めです。どうぞよろしくお願いします😊 

知っておきたい!「殺菌」「消毒」「除菌」は何が違うのか?

f:id:Cupidpsyche:20201212171323p:plain



新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、冬がついに到来しました。インフルエンザやノロウイルスなどからも身を守りたいこの時期には、スーパーや薬局では感染予防対策として多くの商品が陳列されているのは、みなさんもご存じだと思います。


しかし、そこに書かれている文字は「除菌」「抗菌」「殺菌」「消毒」など実にさまざまです。一体、これらの違いは何なのでしょうか? 



大まかに分類すると、菌を殺すものと菌の繁殖を防いだり除去するものに分かれます。菌を殺すものには『殺菌』や『消毒』があたり、いずれも薬機法(医薬品医療機器等法)によって、医薬品・医薬部外品の登録を受けたもののみとなるのです。



「殺菌」では薬用石けん、「消毒」では漂白剤、哺乳瓶洗浄液やアルコールがこれに該当します。「滅菌」は菌を殺滅する威力が最も高く、医療器具等に使用され、高圧水蒸気などですべての微生物を殺滅させることができます。



一方で、菌の繁殖を防いだり除去するものには『除菌』『抗菌』『減菌』があります。これらは医薬品・医薬部外品では表示されない用語ではあるものの、食器用洗剤やウエットシートなどアイテム数も実に豊富です。特に最近では銅イオン製品なども抗菌グッズとしてよく見かけられます。


ここで知っておきたいのが、細菌とウイルスの違いです。どちらも感染症を引き起こす存在ですが、細菌は細胞膜を持つ原核生物で、あらゆる環境に生息しているのに対し、、ウイルスは細胞や細胞膜をを持たず、自力増殖ができないため、他の生物の体内に入り込んで増殖していくのです。


f:id:Cupidpsyche:20201212171514j:plain



ウイルスと細菌の違いがわかりにくいことが用語の表示に混乱を起こす要因といえます。


「消毒」は菌もウイルスも含めて標的にしたものですが、「除菌」や「殺菌」は菌だけをターゲットにしています。


ウイルスに効果があるものもありますが、製品によっては効果が不明です。ノロウイルスには次亜塩素酸ナトリウム、新型コロナウイルスやインフルエンザにはアルコールも次亜塩素酸ナトリウムのどちらも効果的といわれています。



「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」の違いを紹介しましょう。下記は、日本石鹸洗剤工業会が「滅菌」「殺菌」「除菌」「抗菌」などの用語についてまとめたものです。衛生保持の商品は多数あるが、それらの用語を正確に理解した上で、購入・利用したいですよね😉


【滅菌】
「滅」とは「全滅」の滅の意味。有害・無害を問わず、すべての増殖性を持つ微生物(菌やウイルスなど)を完全に死滅させ除去させる作用や操作のこと。日本薬局方では微生物の生存する確率が100万分の1以下になることをもって「滅菌」と定義している。手術で使用する器具など医療器具などに対しての用語。


【殺菌】
 文字通り「菌を殺す」ということを指します。すべての菌を殺さなくても一部の菌を殺しただけでも殺菌といえます。商品の表示については、医薬品医療機器等法(旧・薬事法)の対象となる消毒薬などの「医薬品」や、薬用石けんなどの「医薬部外品」でのみ使える表現で、洗剤や漂白剤などでは使用できません。


【消毒】
 物体や生体に付着または含まれている病原性微生物を、死滅または除去させ、害のない程度まで減らしたり感染力を失わせて毒性を無力化させることです。


【除菌】
 菌やウイルスの数を減らすことです。菌を殺すのではなく、除去して清浄度を高めることを指すので手洗いや食器洗いなど広く使われます。「医薬品・医薬部外品」以外の製品に記されることが多く、洗剤・石けん公正取引協議会の定義では「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」とされています。


【抗菌】
 経済産業省の定義では、抗菌の対象を細菌のみとしているため、カビ、黒ずみ、ヌメリは効果の対象外とされています。


【減菌】
 微生物を特に限定せず、その量を減少させるという意味です。「消毒」と同じように器具や用具などについて使われることがあります。


意外に言葉の定義は曖昧だということに気づかされます。みなさんもよく理解した上で商品を購入、使用しましょうね😉