そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

2020年日本各地の師走風景 丑ののごみ人形制作大詰め 佐賀県鹿島市

f:id:Cupidpsyche:20201212103828j:plain



例年とは違ってコロナ禍での師走の中、日本各地は新しい年を迎える準備に追われています。


2021年は丑年です。どんな年になるのでしょう。



f:id:Cupidpsyche:20201212104113j:plain


ここ佐賀県鹿島市にある「のごみ人形工房」では、年末年始の受注に向けて、来年の干支(えと)である「丑(うし)」の土鈴作りが大詰めを迎えています。


この工房では、素焼きして白塗りした人形を一つ一つ手作業で絵付けし、今年は地道に力強く前へ進む姿の2種類のうしを制作しています。



赤い色が目を引く「宝珠(ほうじゅ)うし」は、災難を払い、願いが叶うとされる宝珠を背に乗せています。


丑年は転換期や変わり目の年とされ「来年は新型コロナウイルスの影響がなくなり、良い方へ向かってほしい」との願いも込められているのです。


人形は、工房の近くにある祐徳稲荷神社の門前商店街で販売しています。例年だと、手にしたツアーの団体客が工房に立ち寄ることもありましたが、4月の緊急事態宣言を受けて、これらを中止しました。その後、少人数限定での見学は再開しましたが、訪れる人はほとんどなくなってしまいました。


工房の3代目の鈴田清人さんは「世代を問わずに親しんでもらえるかわいさがあります。ぜひ、手に取って良い運気を呼び込んでほしい」と話しています。