そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

アメリカ、ワクチン接種第1号は移民看護師さん!

f:id:Cupidpsyche:20201215195201j:plain



ついに、アメリカ各地で14日、アメリカ製薬大手ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、ニューヨーク市クイーンズ区の医療センターで救命担当の看護師、サンドラ・リンジーさん(52)がアメリカ国内での接種第1号となりました。


ワクチン接種の様子は同日午前9時20分過ぎからテレビ中継され、各局は「歴史上、極めて重要な瞬間」と報道しました。



リンジーさんは、「他のワクチンを接種するのと何ら変わりはない」と感想を語り、「希望と安堵を感じている。痛ましい時代の終わりの始まりになることを願っている」と続けました。


リンジーさんは、ジャマイカ出身の移民です。救命担当の看護師として20年以上のキャリアを持ち、3月のパンデミック発生以降、新型コロナの入院患者のケアにあたってきました。


黒人や中南米系のコミュニティーでは、連邦政府への不信感からワクチン接種に消極的な人も多い中で、リンジーさんは自ら接種を志願しました。


メディアを通じ、「(黒人女性である)私と同じようなマイノリティー(人種的少数派)の人にも、ワクチンは安全で、科学は信頼できると伝えたかった」と接種を呼びかけました。


アメリカのメディアによると、14日には全米50州で医療従事者や介護施設の入所者などを対象にワクチン接種が始まり、東部マサチューセッツ州の介護施設では96歳の女性も投与を受けたといいます。アメリカ政府は年内に2000万人のワクチン接種を目指しています。


この先、日本でもワクチン接種が始まったら、誰が一番最初に接種するのでしょうか。その時までは、みなさん感染対策をしっかりして待ちましょう😃