そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

英イングランドとイタリア、クリスマスも都市封鎖へ  感染拡大で緩和撤回

f:id:Cupidpsyche:20201220224212j:plain



欧州で従来種より感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異種が出現するなど、感染拡大に歯止めがかからない中、英国のイングランドやイタリアでは、クリスマスにもロックダウン(都市封鎖)を含む厳しい規制措置が取られることとなってしまいました。



イングランドでは、ロックダウンに疲れ果てた人々がクリスマス前後の5日間に実施される一時的な規制緩和を心待ちにしていましたが、ボリス・ジョンソン首相は12月19日、ロンドンとイングランド南東部を対象に「ステイホーム(自宅待機)」を指示しました。該当地域には、全人口の約3分の1が暮らしています。



f:id:Cupidpsyche:20201220224335j:plain


この地域では感染拡大が加速していて、新たに出現した新型コロナウイルスの変異種についてジョンソン首相は「感染力が最大で70%強い」と述べ、警戒感を示しました。



ジョンソン首相は国民向けのテレビ会見で、「非常に残念だが、クリスマスを予定通りに行うことはできない」と述べました。


対象地域では少なくとも12月30日までロックダウンが実施され、クリスマスを3世帯まで一緒に過ごすことを認める予定だった行動制限の緩和も事実上の取りやめとなります。


またイタリア政府も、2021年1月6日まで新たな制限措置を導入すると発表し、措置には1日1回までとする外出規制、生活必需品以外を扱う店舗、バー、飲食店の営業停止、地域間移動の禁止などが含まれています。


特にイングランドは今年だけで3回目のロックダウンになります。人々の身体的、精神的な疲労はもはや極限に達しているといえます。この冬、日本も含め世界中が終わりを見つけられずにさまよっています。