そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

東京など関東で夕暮れ時にサンピラー(太陽柱)が出現!

f:id:Cupidpsyche:20201227202200j:plain


12月27日(日)16時半頃 東京都板橋区で撮影された写真です。


2020年最後の日曜日となった27日(日)の関東は穏やかな晴天の一日になりました。多少、雲の出た所があったものの大きな天気の崩れがなく、夕日はゆっくりと暮れていきました。


そんな沈む夕日から上の方向に伸びるような光の帯が見られた所があります。サンピラー(太陽柱)と呼ばれる現象です。



サンピラー(太陽柱)とは?何なのでしょうか?



f:id:Cupidpsyche:20201227202303j:plain


サンピラーは日の出や日の入りの時、太陽から垂直に炎のような光芒が見られる現象のことをいいます。


空気中に浮かぶ六角形の板状の氷の結晶に太陽の光が反射することで見られるのですが、氷の結晶の向きが揃っている事が条件になります。


空気がよく冷えていて、上空の風が弱い時に空気中の氷の結晶が豊富で向きも揃いやすく、サンピラーが見られることがあります。光の柱のように見えることから「太陽柱」とも呼ばれます。


氷の結晶の元となる高い所の湿った空気は、西から低気圧が近づく前兆でもあります。