そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

じわじわと川面を埋め尽くしてしまった南米原産の「ホテイアオイ」の脅威 香川県高松市

f:id:Cupidpsyche:20201231144638j:plain



水槽に浮かべる水草としてもなじみの深い南米原産のホテイアオイが香川県高松市の春日川で大量に繁茂し、それがおよそ2キロにわたって川面を埋め尽くしてしまったのです!


繁殖力の強い外来種で、河川を管理する香川県が2020年10月から本格的な撤去作業を開始して。ホテイアオイを回収し、焼却や堆肥化を進めています。


当初は年内の処理完了を目指していたが、県高松土木事務所は「処理完了は2021年1月の見通し」といいます。


しかし、なぜこんなに増えてしまったのでしょうか?


2020年12月下旬、高松市川島東町の川島橋付近から春日川上流の方を眺めると、ホテイアオイが数百メートルにわたって水面を埋め尽くしていました。茎が数十センチに伸び、上の方の葉は枯れかけて茶色っぽく、所々に見られる水面では野鳥が呑気に羽を休めていました。



川沿いを散歩していた近くの女性は「みるみるうちに増え、川を覆ってしまった。例年はこんなことはなかった」と振り返ります。


夏場には可憐な花が咲いていましたが、繁殖力がとても強いと聞き、環境に悪影響を及ぼさないか不安に感じるといいます。


「駆除を進めているらしいが、この辺はまだみたい。心配ですね・・・」



f:id:Cupidpsyche:20201231144752j:plain


県高松土木事務所によると、2020年8月に春日川の河川パトロールをしていた職員が、大量に繁茂したホテイアオイを最初に見つけました。距離は合計すると約2キロに及んだといい、同事務所河川砂防課長は「これほどの事態は初めて」と驚きを隠せません。


ホテイアオイは南米原産のミズアオイ科の植物で、夏に淡い紫色の花を咲かせます。温暖な場所を好み、とても繁殖力が強いといいます。


観賞用や家畜の餌として国内に持ち込まれ、各地に広がりました。国の「生態系被害防止外来種リスト」では、甚大な被害が予想され、対策の必要性が高い「重点対策外来種」に指定されています。



県高松土木事務所によると、今回の大量繁殖の理由はいくつか考えられるといいます。


川には農業用のせきが複数あり、過去にもホテイアオイが確認されたことがありましたが、例年はまとまった雨によってせきが自動で倒れ、水とともにホテイアオイは下流に流されました。


ところが2020年は、雨が少なくせきが倒れなかったため、川にとどまったホテイアオイがせき周辺で増殖してしまい、夏場の高温もあり成長してしまったと分析しています。



香川県は2020年10月から本格的に処理を進めています。委託業者が重機で川からホテイアオイを引き揚げ、取り除いています。一部は乾燥させた後、ごみ処理施設で焼却し残りは、堆肥の原料として、別の施設に持ち込んでいます。


これまでに半分強の範囲で作業を終え、2021年1月末の完了を目指しています。その処理費は約1千万円にのぼる見込みです。


国立環境研究所、生物・生態系環境研究センターの五箇(ごか)公一生態リスク評価・対策研究室長はホテイアオイの脅威を「繁殖力が強い厄介な外来種。1つでも根が残ると再生する」と指摘しています。


春日川のように一面に広がると「水中に太陽光が届かなくなり、水生植物や藻類が死滅する。酸素濃度が低下し、水生動物もすみにくくなる」と警鐘を鳴らしています。


また大量繁殖を防ぐには「常にモニタリングし、ホテイアオイが小さいうちに見つけて取り除く必要がある」と呼びかけています。


春日川にどのようにホテイアオイが持ち込まれたかは分かりませんが、県高松土木事務所は「外来種をむやみに川に捨てないで。責任を持って適切に処理してほしい」と訴えています。


緑色の悪魔・・・😭