そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

北海道産小麦使おう!その名も「麦チェン」😉

f:id:Cupidpsyche:20201231113158j:plain



北海道で消費・加工される小麦を外国産から道産に切り替える「麦チェン」運動が、大きな成果を上げているそうです。


道産を使った商品を積極的に製造・販売する「麦チェンサポーター店」は年々増えて300店を突破し道産使用率も5割に達しました。


コロナ禍で食料自給率向上や地産地消に関心が集まる中、運動の先駆け、十勝地方でさらに機運が高まっています。



道産小麦は主に大消費地に出荷してきました。農家は自身が育てた小麦を食べたことがない状況が長年続いていましたが、今では地産地消にこだわるパン店などが道内に増加。



日本一の小麦産地、十勝地方に店舗を持つ「満寿屋商店」は、年間800トンの地元産小麦を使う地産地消の先駆けをつくったパン店です。


年間売り上げ10億円を超し、帯広市や東京都内など8店舗を経営しています。1950年の創業当時は小さな店でした。小麦畑が広がる十勝に店を構えているのに、使うのは外国産だったのです。



f:id:Cupidpsyche:20201231113727j:plain


2代目の社長が「十勝にはこんなに小麦があるのに、どうして輸入小麦を使わなくてはいけないんだ」と疑問を抱いたのです。


十勝で栽培する小麦は麺用が大半でしたが、1987年にパン用の春まき品種「ハルユタカ」が品種登録されたことが大きな転機となりました。


同社は当初試験的に「ハルユタカ」のパンを作りましたが、そのおいしさと珍しさが受け、地元の農家からも「自ら作った小麦を地元で食べられる」と喜びの声が上がったのです。


4代目社長の杉山雅則さんは「大農業地帯の十勝は、地産地消への意識が低かった。でも『自分たちが食べないものを売り出していいのか』という農家の本来の思いが、十勝産小麦を使う動きにつながった」と明かします。



2009年には帯広市に十勝産小麦100%のパンを扱う新店舗「麦音(むぎおと)」を開店。道農業研究センターが開発に成功した「ゆめちから」などの普及も後押しし、現在では全店舗で十勝産小麦100%を実現することに成功しています。


小麦など120ヘクタールで畑作経営をする本別町の「前田農産食品」代表は「麦は大規模に流通させることが重要だった。だが、食べる人に思いをはせ、誇りを持って作ることが本来の農業の姿なんだということを、杉山さんとの出会いで気付かされた」といいます。


前田さんは規模拡大を進める一方で、畑に人を呼び込むなど消費者とつながる農業に励んでいます。自分で作った小麦のパンを食べた感動がその原点となりました。


満寿屋商店の杉山さんは「コロナ禍の中で食料自給率を考える上でも十勝の取り組みはヒントにもなる。いずれは日本初の地産地消のパンのテーマパークを造り、十勝をパン王国にしたい」と壮大な夢を描きます。


f:id:Cupidpsyche:20201231113746j:plain



道は2009年度から「麦チェン!」運動を進めてきました。道民の小麦粉需要に対する道内で製粉した道産小麦の割合は、20年前は10%台でしたが、現在では50%前後まで高まりました。


消費拡大に伴って、飲食店も「道産」を扱うことが大きな付加価値になりました。「麦チェンサポーター店」は現在338店が登録し、道内各地に道産小麦100%のパン店が生まれています。


道は「小麦は外国産を使うのが当たり前だったが、北海道が地産地消で大きな成果を上げる意義は大きい」(食品政策課)とし、米や乳製品でも地産地消を大切にする機運が道内に定着してきたとみています。

だってここは日本なんだもんね😃