そして男は時計を捨てた・・・

テ-マを設けずに自分が書きたいと思ったことを綴っていきます!どんどん更新していくので、はてなスタ-やブックマ-ク、あなたの出来る形で応援よろしくお願いします🙇僕のブログを存分に利用、活用してください😉僕のブログがあなたのものになることを願っています😊

コロナ禍で急増している「面接官のいない動画面接」とは?

f:id:Cupidpsyche:20210104164048j:plain



専門職の求人を中心に今、動画面接がどんどん増えているといいます。この面接は応募者が自分で動画を録画するので、スクリーンの向こう側に面接官はいません。それが応募者にとっては、不安を和らげてくれることもあれば、その逆に悩みのタネにもなりうるのです。


新型コロナウイルスのパンデミックによる影響や、経費削減、人材採用プロセスの合理化などの理由から、多くの採用担当者は、応募者を直接面接することをやめてしまいました。


よって応募者は、選考で二次・三次と進まない限り、自分の上司になる可能性のある人物に会えないことになります。質問したいときはチャットボットを使うよう言われるわけです。


オンライン面接ソフトウェアの中には、応募者が再録画できるものもあります。録画で自分の言いたいことをうまく伝えられなかった場合に備えてのことです。「やり直し」ができることで、安心する人もいるのでしょう。


一方、完璧を求めたがる人や、カメラに向かって話すのが苦手という人の場合は、「1つめの回答は消したほうがいいだろうか」とか「2つめのほうがうまく答えられただろうか」などと、自問自答を果てしなく繰り返すことになってしまうかもしれません。



人前に出ると緊張したり不安を感じたりする社会不安障害を持つ人は、面接官が目の前にいないほうがずっとうまく対応できるかもしれません。


社会不安障害の顕著な症状には、「恥をかくような言動をしてしまうのではないか」、「無能とか、頭が悪いとか思われるのではないか」と恐怖心を抱くというものがあります。


社会不安障害を抱える人にとって、スクリーンの向こう側に質問をしてくる人がいない動画面接は、面接官に値踏みされているという思いに苛まれることなく、力を発揮できるチャンスになるでしょう。


しかし、人間はしぐさや表情といった非言語的な合図を読み取ったうえで、自分が取るべき最善の行動を決定する傾向があります。


f:id:Cupidpsyche:20210104164307j:plain



面接官がいない動画面接では、そうした合図を読み取る機会が完全に奪われているのです。面接の最中に、自分の出来栄えについて何のフィードバックも得られないと、不安が大きく膨らんでしまうかもしれません。


また、面接の終了後に、うまくいったのかどうかを知るすべもないのです。フィードバックをくれる人が誰もいないからです。



オンライン面接では、従業員としての適性を判断するための性格診断等のテストが実施されることもありますが、そういったテストは、採用候補者の可能性を見極めるために使うべきではないと思います。


例えば、最も多用されているテストのひとつ「マイヤーズ・ブリッグス性格診断テスト(MBTI)」は、信頼性の高い確実なデータがあまりないのです。


オンライン面接では、ゲームをさせることもあります。例えば、ゲームで「偽物のお金」を稼がせて、応募者がどの程度までリスクに手を出すのかを見るのです。


面接で使われるオンラインゲームには、計画性や、結果から学びとる力といった実行機能スキルをテストするものや、選択的注意力(ほかのことがらに気をとられることなく達成すべきタスクに集中する力)をテストするものなどもあります。


また、認知的柔軟性を検査して、ルールや目標が変更されたときに思考過程を修正できるかどうかを判断するゲームもあります。


こういった類いのテストやゲームを実施することと、無資格で心理テストを実施することは、紙一重の違いです。



テストの結果を分析するのであれば、企業は、しかるべき資格を持った心理分析の専門家を、正社員として、あるいは契約社員として置かなければならないからです。


もし、応募者が注意欠陥・多動性障害(ADHD)を持っている場合は、選択的注意力テストではあまりよい成績をあげられないかもしれませんが、他の職種では優れた力を発揮する可能性があります。


こうしたテストやゲームを人材採用に活用している企業は、それらが採用予定の職種に適合するものであることに留意しつつ、テストの成績が面接の大半を占めないようにする必要があるのです。



f:id:Cupidpsyche:20210104164354j:plain


動画面接をめぐる別の問題は、動画を確認する人物が必ずしも、最初から最後まで通して視聴するとは限らないことにあります。


例えば、応募者にとって初めての動画面接だった場合、ネット接続がうまくいかなかったり、動画をうまく録画できなかったりといった問題が発生するかもしれません。


また、冒頭はあまり出来がよくなくても、徐々に調子を上げていく人もいるでしょう。動画を確認する担当者が、全体のごく一部しか視聴しない場合、将来性のある候補者を見逃してしまう可能性もあります。


リアルな面接が応募者にとって有益であるのは、そのなかで改善すべき点を話し合ったり、応募した仕事に対する熱意を伝えたり、あとで面接官にお礼の手紙を書いたりできるからです。


人によっては、ネットの接続状況がよくない人もいるかもしれません。しかし、こういった形で面接を行う場合は、応募者は採用担当者の名前を知らないことが多いのです。


一番良いのは、一部だけでも人間と直接やりとりができるハイブリッド面接かもしれません。つまり、スクリーン上に面接官がいない状況で応募者が質問に答え、そのあとに面接官と接するやり方です。


この形ならば、面接官を前にした方がうまくできる人であれ、逆に不安が増してしまう人であれ、さまざまな性格の人誰もが実力を発揮できるかもしれません。