そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

人は死んだ先に何があるのか?仏教の謎

f:id:Cupidpsyche:20210105211914j:plain



仏教はインドで始まり、中国に伝わり、そして日本にも広まりました。仏教では、人間は死んだらどうなると考えるのでしょうか?



仏教は、一神教と違って、思想の自由が存在します。どう考えてもその人の自由なのです。つまり、死んだらどうなるかについても、いろいろの考え方があるのです。


ゴータマが修行して、真理を覚った・・・ここから仏教が始まります。何を覚ったのでしょうか?生老病死、四苦八苦など、人間のあり方がこの世界の因果法則に従っていること。つまり、インドの人々の考え方と同じです。


仏教がユニークな点は、ゴータマがバラモン(瞑想する資格のある人びと)ではないことです。



ゴータマは、王家に生まれたクシャトリヤ。ヒンドゥー教によれば、王となって務めを果たし、来世でバラモンに生まれて修行すべきです。


けれどゴータマは、現世で真理を覚りたいと思ったのです。そして、出家して修行し、覚ってしまった。「カーストと関係なく、誰でも修行して覚ってよい」が、仏教の大事な主張なのです。


これは、ヒンドゥー教への挑戦です。ヒンドゥー教は言います。現世では善行を積み、修行は来世で、バラモンになってからやってください。あなたがたに瞑想する資格はないはずですと。



f:id:Cupidpsyche:20210105212032j:plain

 
これに対して、仏教はこう言います。人間なら誰でも、修行して覚ることができる。カーストに関係なく。現に、ゴータマが覚ったではないかと。


ゴータマが覚ったと信じて、ゴータマに従う人びとが集まって、仏教のグループを形成しました。

 
仏教のグループが、修行し瞑想して、覚る資格があるのかどうか、疑問がくすぶりました。そこで仏教は、「出家して、異性と交わらない清らかな生活を送っているので、資格がある」、と主張しました。家族を営むバラモンよりも清らかだ、という理屈です。



覚ったゴータマは、仏(覚った人)となって、輪廻を脱け出ているので、バラモンよりも上である、とも主張しました。


こうして成立した仏教は、死んだらどうなるかについて、次のように考えるようになりました。


仏(覚った人)は、輪廻を脱け出ているので、死んだあと、もう他の生き物に生まれることがない。けれども、因果のネットワークの中にはあるので、 宇宙と一体化している。



f:id:Cupidpsyche:20210105212055j:plain


普通の人間(覚っていない人)は、因果のネットワークのなかで、輪廻する。


いずれにせよ、人間は死んだら、霊魂になるわけでもなく、死者の世界もありません。これが仏教です。


このあと仏教は、さまざまな考え方を発展させて行きます。


主流の仏教は、ゴータマが大昔から輪廻を繰り返し、修行を続けて仏になった、と信じるようになりました。ならば、仏教の修行者や一般の信徒は、仏になるまで、輪廻を繰り返すこととなります。


仏を拝み、輪廻を繰り返す・・・


これでは、神を拝み、輪廻を繰り返すヒンドゥー教とほとんど同じです。そのうち、仏は神の化身だとヒンドゥー教が言い出し、 仏教はヒンドゥー教に吸収されてしまいます。


f:id:Cupidpsyche:20210105212129j:plain



やがて中国や日本に伝わった仏教は、独自に発展しました。浄土宗、禅宗、真言宗、に注目しましょう。



浄土経典は、釈迦仏(ゴータマ)のほかに、西方に阿弥陀仏というブッダがいると説きます。そして、阿弥陀仏のいる極楽浄土に往生すれば、容易に仏になれると教えます。


よって、死んだら輪廻にして、またこの世界にまた生まれるのではなく、「死んだら、往生して極楽に生まれる」と考えます。


修行しなくても、往生して仏になれるのは、魅力的です。平安時代には大流行りになって、貴族は往生を願いました。やがて庶民にも広まって、念仏宗になります。



禅宗は、中国で盛んになって、日本に伝わりました。経典を読むよりも、坐禅と瞑想を重視します。   


ゴータマは、経典など読まず、坐禅をすることで仏になった。禅宗は、その坐禅のやり方をインドから伝えている。坐禅をしている人間は、仏である。仏なら、生死を超越している・・・という具合に、禅宗では考えます。


誰でも坐禅ができ、誰でも仏になれる。仏なら、生き死にを超越しているのだから、死んだらどうなるか気にしなくてよい。「死んだらどうなるか、気にしない」、が禅宗の考え方です。



真言宗は、密教です。密教は、ブッダの秘密の教えを重視します。それは、人間が実はもう仏であること。仏になることを目指して輪廻を繰り返し、長い修行を続けることができるのは、人間がもう仏だからというのです。


修行して仏になるのが仏教のはずなのに、密教は、もう仏であると教える。それなら、仏教と言えるのか、きわどい考え方です。ほとんどヒンドゥー教と言ってもよいかもしれません。


真言宗も、人間はもう仏なのですから、「死んだらどうなるか、気にしなくてよい」、という考え方になります。


このように、仏教とは、死んだらその後どうなるか、さまざまに考えます。ただし、死者の世界がある、とは考えません。この点は、インド文明の考え方に従っているのです。