そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

書籍を通して昭和の建築を愉しんでみませんか?

f:id:Cupidpsyche:20210109203840j:plain



荒廃からの復興、才人たちの創造力、自由がもたらした無秩序などさまざまな要素が混じり合い、世界的にもユニークな発展を遂げた昭和時代の建築があります。そこには確かなロマンと魅力があふれています。


「昭和」とは、いったい何でしょうか? 時が経つ程に、物事はよく見えてきます。目の前に残っているものも、記憶の中にあるものも、角が取れて、そこに味が出てきて、ノスタルジックな魅力を帯びてきます。「昭和」に目を向けたくなる時、そんな「レトロ」な効果が働いているのかもしれません。


しかし、それだけでないかもしれません。こんなことをやっているのか!という刺激が、そこにあったりします。


個人の発想の豊かさと、それを世に送り出せた社会の寛大さ。背景にあるのは、おそらく海外と未来への憧れでしょう。



今ここにはないものへの好奇心の強さが、真似や常軌を超えたものを呼び寄せてしまうのです。こうした創作物が、時間が経過したことで丸くなり、けれどその新鮮さに一層、ハッとさせられるのです。


きっとそれが「昭和」の魅力なのでしょう。音楽にしても、テレビ番組にしても、デザインにしても、魅力にあふれています。



f:id:Cupidpsyche:20210109203951j:plain


建築も、そのひとつといえます。それは設計者の着想、実現させた施主、後押しした時代。具体的な建築の数々とともに、そんな空気感に迫れるための書籍があります。どれも建築を通じて「昭和」にタイムスリップすることができるでしょう。


◎建物から人々の暮らしと時代性を探るビジュアル探訪記、「味なたてもの探訪」シリーズ第3弾は、復興建築」を通して、近代東京の成り立ちと人々の暮らしをたどります。栢木まどか 監修 トゥーヴァージンズ刊 ¥2090(税込)

復興建築 モダン東京をたどる建物と暮らし 味なたてもの探訪 / 栢木まどか 【本】

価格:2,090円
(2021/1/9 20:36時点)
感想(0件)

昭和の建築は「復興」から始まり、1923年(大正12年)に発生した関東大震災こそ「現在の東京につながる大きな変革点のひとつ」と、監修者は述べています。


「復興」とは、復旧ではなく、復して興す。約10万5000人の死者・行方不明者(そのうち9割が火災による)などの甚大な被害を受けて、未来志向の都市や建築が計画され、元号が昭和に変わる頃から姿を見せ始めます。


本書には写真やイラストが数多く収められ、復興建築に関する最新の研究成果が平易に理解できます。


現在の東京下町を中心とした街路は、世界で類を見ない区画整理の一大事業によって完成しました。同潤会アパートメント、復興小学校、復興五大病院や公共食堂といった新たな公共プロジェクトが、戦後に続く性格を備えて実現したのです。



デザインも百花繚乱です。アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトは世界的に有名ですが、その作風が「ライト式」として他人にも模倣され、社会に流行したのは日本だけです。


看板建築やアールデコの多彩なデザインが焼け跡に花開き、海外と未来への強い憧れがオリジナリティへと結び付いた、まさに「昭和」の始まりです。



◎『中央線がなかったら 見えてくる東京の古層』

中央線がなかったら見えてくる東京の古層 [ 陣内秀信 ]

価格:2,090円
(2021/1/9 20:29時点)
感想(1件)

『ファスト風土化する日本―郊外化とその病理』の著者が、「娯楽の場」としての都市を考察します。三浦展 著 柏書房刊 ¥2090(税込)


「憧れ」は、今ここにはないと感じればこそ存在します。憧れは断絶しても、連続しても生まれません。


海外と未来に対する憧れは不幸な戦争で押し止められ、戦後、高度経済成長期に一気に噴出したのです。そんな熱気から誕生した、いかにも「昭和」な建築は、有名建築家の作品以上に「娯楽」の世界にあるのでないかと本書は告げます。


「クレイジーなエネルギーの爆発」と形容されているのが、船橋ヘルスセンターです。約1万坪の敷地にローマ風呂やプール、舞台付き大広間などを備えて1955年に開業し、結婚式場、熱帯温室、ボウかい目で見る。


「東京がどんどんつまらなくなっている」とつぶやく著者の勢いある筆と、カラーというよりまるで「総天然色」と呼びたくなる資料写真を通して、今はもうないその姿が、人びとの「憧れ」を受け止めた昭和の建築としてよみがえります。



◎名建築の現状を、ほっこりイラストとうんちくルポで伝える「建築巡礼」シリーズの戦後編。磯達雄 著/宮沢洋 イラスト/日経アーキテクチュア 編 日経BP刊 ¥2970(税込)


昭和の建築はすごかった、と本書を読めば思うでしょう。イラストと文章の組み合わせ。イラストなので、空を飛ぶ鳥からの目線をとることも、建築を輪切りにして断面構成を見せることも可能です。


びっしりとした説明の手書き文字が、カラーで整理されていて読みやすく感じます。本書では日本各地の55の建築が紹介されています。


どれもイラスト担当の宮沢洋と文章担当の磯達雄が現地を訪れて描いた(書いた)から、訪れる前に抱いていた疑問や、現地での発見、そこからの想像が盛り込まれ、イラストや文章とともに読者は驚いたり、考えたりできます。


本書が扱うのは1945~1964年に完成した建築です。復興期(1945~55年)、葛藤期(1956~60年)、飛躍期(1961~64年)の3部に分かれています。


実際、日本の建築家の作品が、雨風をしのぐ状態から世界のトップランナーへと飛躍したのが、この時期です。


昭和の時代、容易に手が届かなかった海外と未来への憧れをバネにして、国際的な多くの建築家を輩出する今の日本の基礎が据えられたのです。


昭和という過去の時代に逆に令和という現在を生きる私たちは憧れを抱くのかもしれません。


◎「そして男は時計を捨てた・・・」をまだ知らない方にも是非、紹介してください😉