そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

次亜塩素酸水の実物を購入してテストしてみたら・・・

f:id:Cupidpsyche:20210117202841j:plain



国民生活センターが、「次亜塩素酸水」について、実物を購入してテストを行なっているといいます。


「次亜塩素酸水」は、濃度が足りない製品が消費者庁に指摘されるなど、用途や濃度などで誤解を招きやすい製品です。


今回のテストでは、2020年8月から10月にかけて購入した15製品が対象になっているようです。



f:id:Cupidpsyche:20210117203345j:plain


「次亜塩素酸水」は、一定の「有効塩素濃度」がないと、消毒の効果がまったくありません。


しかし、用意された15製品のうち、5製品は、購入した製品の本体に「有効塩素濃度」の表示がありませんでした。


さらに、そのうちの1製品は、取扱説明書や、製品のWebサイトにも有効塩素濃度の表示が無かったのです。

この時点で、問題のある製品が多い分野であることが分かります。



さらに、濃度の表示があった14製品も、そのうちの8製品は、実際の「有効塩素濃度」が、表示の有効塩素濃度の9割に届きませんでした。


中には、実際の濃度が、表示されている濃度の2割にも届かない製品もあったようです。


つまり、有効塩素濃度の表示があったとしても、かなり怪しい数字なのです。



f:id:Cupidpsyche:20210117203128j:plain


もともと、次亜塩素酸水は、製造時から販売されるまでの期間に、有効塩素濃度が下がりやすい製品といわれています。しかし、表示と実体との差は無視できない程の大きさです。


さらに、国民生活センターでは、購入時期をずらして2回購入していますが、2回とも表示を下回った製品が大半を占めているといいます。


つまり、購入した製品の個体差によるものではなく、もともと低い濃度で出荷されている可能性が高いということです。


国民生活センターでは、消費者へのアドバイスとして、『「次亜塩素酸水」は、有効塩素濃度が購入時点で表示の濃度と大きく異なる場合があることを知っておきましょう』と警告しています。


つまりは、濃度の表示があっても、それが信用できるとは限らないのです・・・。