そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

地球の天体が丸いのはなぜなのだろう?

f:id:Cupidpsyche:20210120204223j:plain



地球はもちろんとして、太陽や月などの天体は「球形」をしています。それに対して、小惑星探査機「はやぶさ」が着陸したことで知られる「イトカワ」は、枝豆のような不規則な形をしています。



f:id:Cupidpsyche:20210120204618j:plain


この「イトカワ」だけでなく、火星や土星の衛星などにも、球形ではないものが数多くありますが、これらの天体に共通しているのが「小さい」ということです。



f:id:Cupidpsyche:20210120204313j:plain


そもそも天体は、宇宙空間にあるガスやチリなどの物質が寄り集まってできたと考えられています。そして、物質は集まることで重力を持ち、その中心に向かって引っ張ろうとする力も次第に強くなっていくのです。


小さい天体の場合、物質自体の強度よりもその重力が小さいことから、もともとの形状を保ち続けるのです。しかし、物質がある大きさを超えてしまった時点で、その状態には変化が起こります。


物質の中心に向けてはたらく重力の大きさが、物質自体の強度を上まわるようになると、表面にあったデコボコや不規則な形状などが、崩れたり押しつぶされたりします。その結果、天体の表面が、その中心からすべて等しい距離にある自然な形、つまり「球形」に落ち着くわけです。



天体が球形になるかならないかの境目は、内部を構成している物質によっても変わってきますが、おおむね直径300キロメートルと考えられています。


ただし、地球は完全に丸いわけではありません。地球の半径は、赤道まわりで測ると6380キロメートル、極まわりで測ると6360キロメートルと、わずかに横にふくらんだ形をしているのです。



f:id:Cupidpsyche:20210120204350j:plain


もっと極端なのは木星です。望遠鏡で見ても、赤道方向にふくらんでいることがよくわかります。実は天体の自転によって発生した遠心力の影響で、ほとんどの天体は球の形が少し横に広がっているのです。