そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

水のない海が存在する!土星の衛星タイタン

f:id:Cupidpsyche:20210130204339j:plain



海が水で満たされているとは限らないといいます。


そうなの?


なぜなら、土星の衛星タイタンには、水ではなく液体メタンの海があるからです。地表面に液体が存在している天体は、太陽系で知られている限りは地球とタイタンのみだからです。


地球上のメタンは都市ガスとして、また牛のげっぷに含まれる温室効果ガスとして知られる無色透明な気体ですが、地表の温度が-180℃しかないタイタンでは主に液体として存在し、海や湖を満たしていりるのです。



f:id:Cupidpsyche:20210130204430j:plain



そしてその液体メタンの海からメタンが蒸発してタイタンの大気に取り込まれ、凝縮して雲となり、やがてはメタンの雨となって地表に降り注いでいます。


地球においての水循環と同じように、タイタンでは炭化水素循環が起きているのです。



最新の研究では、タイタンの海の深さが最大300メートルにも及ぶことが分かったそうです。NASAはゆくゆくは、このメタンの海に潜水艦を送り込む計画を構想中だといいます。タイタンのオレンジ色の空の下、液体メタンの海中探査するなんて神秘的です。


土星の衛星は65個も発見されていますが、その中で最も大きいのがタイタンです。直径は5,150km。水星(直径約4,850km)より大きいのです。


また、タイタンは濃い大気に覆われていることから、その大きさと大気の濃さも相まって「惑星のような衛星」と表現されることもあります。


タイタンの大気の主成分は地球と同じく窒素で、メタンの含有率は2%ほどです。この大気中のメタンと窒素が化学反応を起こして高分子有機化合物を生成しているために、オレンジ色のもやがタイタン全体をすっぽりと覆ってしまっていて、地表面を観察するのはなかなか困難だといいます。



f:id:Cupidpsyche:20210130204457j:plain


そこに登場したのがNASAの探査機カッシーニです。1997年に打ち上げられ、2004年には土星の周回軌道に乗り、運用停止となった2017年まで土星や土星の衛星の鮮明な観測データをせっせと集めました。


さらにカッシーニに積み込まれていたESAの小型探査機ホイヘンスは、カッシーニから切り離されてタイタンの地表に見事着陸し、これまでもやに包まれていた世界を見事あらわにしてくれたのです。


カッシーニには高度計も搭載されていたため、2014年8月21日にはタイタンの地表からわずか970kmにまで接近し、クラーケン海にレーダーを放射して観測を行いました。


クラーケン海はタイタンで最も大きな水域で、タイタンの表面上の液体の80%を保有しています。



f:id:Cupidpsyche:20210130204526j:plain



このカッシーニが集めたデータをもとにして、クラーケン海の深さを測定した新しい研究がこのほど学術誌『Journal of Geophysical Research』に掲載されました。


それによると、クラーケン海はもっとも深いところで水深300メートル以上あるかもしれないとのこと。


「あるかもしれない」と表現が少し曖昧なのは、もともとカッシーニが海底をめがけてピンガーを打ち込んだときに、300メートル以上進んでもまだ海底にたどり着かなかったからだそうです。


カッシーニのレーダー放射を使ってどのようにクラーケン海の深さを測定したのでしょうか?


コーネル大学とNASAのジェット推進研究所が共同で開発した手法とは、レーダーが海面から、また海底から反射された時差を計算し、海面と海底の間の距離=海の深さを割り出すというものです。


しかし、このやり方はクラーケン海を満たしている液体の性質と密度、またどのぐらいの速さでレーダーを透過するのかなど、いくつかの不確定要素を仮定した上で行われたものでした。


この手法を使ってクラーケン海の北端に位置するマレー入江の水深を測ったところ、85メートルでした。


さらにレーダーの透過率からはこの部分の海域の70%がメタン、16%が窒素で、14%がエタンらしいことも分かったのです。


f:id:Cupidpsyche:20210130204547j:plain



マレー入江の位置的関係から、研究者たちは当初これよりもっとメタンの量が多いのではないかと予想していましたが、結果はクラーケン海の全域で成分が平等に分布されていることを示しています。


クラーケン海の中心部の深さも測ってみたところ、こちらはさらに不確定な結果になりました。研究論文の執筆者たちによると、カッシーニがクラーケン海にレーダーを放射した際、海底からレーダーが反射された形跡がなかったことから、クラーケン海を満たしている液体が深すぎるか、もしくは吸収性が高すぎてカッシーニのレーダーが貫通できなかった状態を示しているそうです。



しかし、もしもクラーケン海の全域で液体の成分が平等分布されていると仮定した場合は、浅くて水深100メートル、深くて水深300メートルぐらいあるのではないかと考えられるそうです。



コーネル大の教授は、「今回の研究のおかげでクラーケン海の液体の密度をより正確に把握することが可能になり、将来タイタンに潜水艦ロボットを送りこむときにソナーの精度をより正確に調整することができるようになると考えています」とプレスリリースにて語っています。



f:id:Cupidpsyche:20210130204620j:plain


2015年に描かれたコンセプトプランは、SF映画さながらにカッコいいのですが、 残念なことに、今のところ潜水艦ミッションが現実化しそうな気配はまだありません。


その代わりに、NASAは2030年代にドラゴンフライと名付けられたドローン探査機をタイタンに送り込む予定だそうです。


地球に生命が誕生したのは、水という液体が地表面に存在し、安定した気候に恵まれ、有機物が生成される環境下にあったことが大きく関係していると思われます。


そして液体の種類は違えど、タイタンにもこの同じ条件が揃っているのはとても興味深いことなのかもしれませんね😊