そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

織田信長と武田信玄の名をあわせ持つ戦国武将!その名も武田信長!

f:id:Cupidpsyche:20210130094250j:plain



戦国時代ファンなら、織田信長や武田信玄を知らない人はいないと思いますが、この両者をくっつけた名前の武将が実在することは、あまり知られていないのではないでしょうか。


その名も武田信長(たけだ のぶなが)です。武田信玄の遠い親戚として室町時代~戦国時代初期に活躍していた武将です。



f:id:Cupidpsyche:20210130094339j:plain



武田信長の生涯とは、どんなものだったのでしょうか?


武田信長は甲斐国の守護大名・武田信満(たけだ のぶみつ)の次男として誕生しました。生年は不詳ながら、一説には応永7年(1400年)ごろと考えられています。


時は応永23年(1416年)、前関東管領職の上杉禅秀(うえすぎ ぜんしゅう)が鎌倉公方の足利持氏(あしかが もちうじ)に対して叛乱を起こしました。


いわゆる「上杉禅秀の乱」に信満が加担し、信長も参戦しますが、父が討死すると甲斐国は無政府状態となり、国人勢力の逸見(へみ)氏、穴山(あなやま)氏、跡部(あとべ)氏らが権力の座を奪い合って大混乱に陥ってしまいます。



まだ17歳の若い信長でしたが、その通称を悪八郎(あくはちろう)と呼ばれたほどの豪傑で、海千山千の国人衆らと渡り合い、一進一退の攻防戦を繰り広げたのでした。


その後、甲斐国は信長より4世代子孫の武田信虎(のぶとら。信玄の父)によって再び統一されるまで、100年以上にわたって分裂状態が続くのです。


ただし、室町幕府から見れば信長も父に加担した謀叛人であることには変わりなく、甲斐国守護は信満の弟である武田信元(のぶもと。当時、兄の叛乱に際して出家していた)が任命されました。


信長は他の国人勢力と一緒になって(ただしそれぞれの仲は険悪でした。)、還俗して京都から帰ってきた信元の甲斐入国を阻み、応永27年(1420年)には死闘の末に信元を討ち取りました。


f:id:Cupidpsyche:20210130094408j:plain



しかし、幕府が任命した守護を殺すのは叛逆以外の何ものでもなく、応永30年(1423年)には信長の兄・武田信重(のぶしげ。叔父と一緒に出家していた)が甲斐国守護に任命されます。



という訳で、信元の時と同じく他の国人勢力と一緒になって信重の甲斐入国を妨害し続けた信長ですが、今度は信重に対して鎌倉公方からの全面バックアップがあり、奮闘するも敗れて降伏。しぶしぶ鎌倉府へと出頭したのでした。



信重の口添えもあったのか、命ばかりは助けられた信長は、鎌倉で8年ばかり屈従の日々を送ることになりますが、永享5年(1433年)には鎌倉から出奔、甲斐国へ戻って再び叛旗を翻しました。



しかし、甲斐国内はすでに信重が(統一できていないとは言え)勢力基盤を固めており、つけ入る隙のないまま跡部氏に敗退した信長は、駿河国(現:静岡県東部)へと逃亡、しばらく行方をくらませます。



一説によると、室町幕府に仕えて武功を立て、相模国(現:神奈川県の大部分)に勢力基盤を築き上げて同国の守護職に任命された(嘉吉2・1442年ごろ)とも言われていますが、間もなく上杉氏によって守護職を奪われてしまいます。



そこで今度は下総国(現:千葉県北部)まで逃れ、古河公方の足利成氏(あしかが しげうじ)に仕えます。


この成氏、かつて信長が上杉禅秀の乱で争った鎌倉公方・足利持氏の遺児で、やがて関東管領の上杉憲忠(うえすぎ のりただ)を暗殺し、室町幕府を相手どって戦う「享徳の乱」を惹き起こしました。



f:id:Cupidpsyche:20210130094852j:plain


「享徳の乱」とは、享徳3年(1455年)~文明14年(1483年)の28年間にわたって断続的な戦闘が関東一円で繰り広げられたことから「関東地方における戦国時代の幕開け」と考えられています。


誰かの下につくのは気に入らないが、相模守護職の座を奪った(?諸説あり)憎き上杉氏を討伐できるならお安い御用と、康正2年(1456年)ごろ、信長は兵を進めて上総国を制圧し、真里谷城(現:千葉県木更津市)を築き上げます。



思えば討死した父の跡を継ぐべく、甲斐国守護を目指してから約40年の歳月が流れ、長い長い道のりを振り返れば、遠く上総国まで来ていたのでした。


その後も上杉氏や在地領主らとの戦いに明け暮れる一方、領国経営に心血を注いだ信長は、文明9年(1477年)ごろにこの世を去り、その志を子の武田上総介信高(かずさのすけ のぶたか)に受け継ぎます。


信高の子・武田八郎五郎信興(はちろうごろう のぶおき)の代になって本拠地の真里谷(まりがやつ)を家名に改め、戦国大名として頭角を現していくのでした。



やがて一族の内紛や南総の戦国大名・里見(さとみ)氏らとの抗争に敗れて没落し、主の去った真里谷城は天文21年(1552年)に廃城とされたということです(天正18・1590年までは使用されていたという説もあります)。



f:id:Cupidpsyche:20210130094916j:plain


現代、真里谷城跡はキャンプ場(木更津市立少年自然の家)として活用されています。もし現地を訪問の際は、かつて甲斐国からやってきた武田信長の雄志に思いを馳せてみるのもいいかもしれませんよ。