そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

昔はこんなにもタバコが安かった!身体に悪いぞ!えっ、だからどうした?!

f:id:Cupidpsyche:20210203203311j:plain



セブンスターは、1969年の発売当初は、100円でした。現在は、560円で販売されているため、約50年で価格は5.6倍にはね上がったのです。なぜ、昔はこんなにもたばこが安かったのでしょうか?。


それは1904年から1985年まで、国がたばこを製造して販売していたからなのです。


いわゆる国が1社で売っているようなものだったので、一般企業では、なかなかできない効率化ができていたのです。製造コストをなるべく低めにし、安く沢山売って、その収益を税収としていたのです。



しかし、専売制がなくなってすぐに、たばこが一気に高くなった、というわけではありません。例えば、メビウス(マイルドセブン)の、詳しい価格の変動を見てみると以下の通りになります。



f:id:Cupidpsyche:20210203203401j:plain


77年...150円
80年...180円
83年...200円
86年...220円
97年...230円
98年...250円
03年...270円
06年...300円
10年10月...410円
14年4月...430円
16年4月...440円
18年10月...480円
19年10月...490円
20年10月...540円


1983年までは、専売制の時代です。1986年以降の価格がJTで販売されている価格です。少しずつ値段が上がって行っているのがわかると思います。


この値上げに関係するのが、税金です。現在、たばこの価格には、次の4つの税が含まれています。

(1)国たばこ税
(2)地方たばこ税
(3)たばこ特別税
(4)消費税


上の3つが、いわゆる「たばこ税」になります。


(1)と(2)は、専売制の廃止に伴って1985年に定められた、国や地方に還元される税。そして(3)のたばこ特別税 に関しては、1998年に創設されたもので、「旧国鉄事業団の債務処理」で、いわば旧国鉄時代の借金返済に充てられています。



これらのたばこ税が2003年、2006年、2010年、2018年、2020年のそれぞれ7月に増税されています。


また、(4)の消費税は1989年に3%の税率で導入されて以来、1997年に5%、2014年に8%、2019年には10%まで上がりました。これらの増税が、たばこの値上がりにつながっているのです。



f:id:Cupidpsyche:20210203203454j:plain


この結果として、たばこの価格のうちかなりの部分が税金になっています。


JTの公式ウェブサイトにあるたばこ税の仕組みのページによれば 1箱540円のたばこは、そのうちの61.8%にあたる333.97円が税金になるようです。


ちなみに、ビールは価格の48.5%、ウイスキーは28.6%が税金で、同じ嗜好品であっても、たばこの価格における税金の割合はかなり大きくなっています。



f:id:Cupidpsyche:20210203203430j:plain


昔は、たばこが安かったのです。しかし様々な社会事情によって、たばこ産業はあおりを受けているともいえます。


そんなことを思いながら今日もたばこを吸う人がいます?!


えっ!それは誰のこと?