そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

そこのあなたも、犬ってスゴいと思うはず?!

f:id:Cupidpsyche:20210221202658j:plain



「犬は鼻がいい」というイメージはあるのですが、実はどれほど優れているのか、また、その理由についてはよく知らないという人も多いのではないでしょうか?


ならば、改めて「犬ってスゴイ」と思いましょうよ!


個体差はありますが、犬の嗅覚は人の5000~1億倍ほど優れているといわれています。


その背景にあるのは、野生時代に狩りをして暮らしていたことや、夜の活動において嗅覚が重要だったことなどが関係していると考えられていて、飼い犬となった現代の犬にも、その発達した嗅覚は脈々と受け継がれているのです。



では、どうして犬の嗅覚はそんなにも優れているのでしょうか? 


理由1・犬は匂いを感じる細胞がケタ違いに多いから


犬は、ニオイを感じる嗅細胞(きゅうさいぼう)が存在する鼻腔内の面積が、人と比べて圧倒的に広いといわれています。



f:id:Cupidpsyche:20210221202817j:plain


面積が広いとその分だけ嗅細胞の数は多くなるため、犬は匂いを敏感に感じ取れるのです。ただし、鼻が長ければ長いほど嗅細胞の数も多くなるので、鼻が短い犬より長い犬のほうが、嗅覚が鋭い傾向にあるとされています。


ちなみに、犬の鼻がよく湿っているのは、匂いの粒を集めやすくするためなのだといわれています。


理由2・犬の大脳は嗅覚に特化しているから


犬の大脳は人よりも小さいものの、匂いに関わる嗅脳は人よりもはるかに発達していると考えられています。犬が匂いを敏感に感じ取ることができるのは、鼻の構造のみならず、脳も関係しているようです。


犬の嗅覚は人より圧倒的に鋭いことが分かりましたが、他の感覚は優れているのでしょうか? 


f:id:Cupidpsyche:20210221202836j:plain



犬の視覚は?


犬は人よりも目のピント調節が苦手なため、かなりの近視といわれています。また、色を感じる細胞が人と異なるため、人とは違う色の世界を見ていると考えられています。


犬の聴覚は?


犬は人よりも音を感じる能力が優れており、遠くの音も聞き取ることができます。また、人は自分で耳を動かせませんが、犬は耳を動かす筋肉が発達しているため、聞きたい音の方向へ意識を集中させることができます。


犬の味覚は?


犬は人よりも味を感じる細胞の数が少ないため、味覚が鈍感だといわれています。また、人の舌は「甘み」「塩み」「酸味」「苦み」を感じることができますが、犬の舌には「苦み」を感じる器官がないといわれています。


犬は犬なりに、人は人なりに優れているところもあれば、劣るところもあるということですかね😅