そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

「新種の深海魚」が続々見つかる駿河湾の謎

f:id:Cupidpsyche:20210516204557j:plain



今、日本の駿河湾が世界の熱い注目を集めていることを知っていますか?



駿河湾では近年、新種の深海魚が相次いで見つかっているといいます。 最大水深が約2500mに達する「日本一深い湾」には、未知の深海魚がさらにひそんでいるはずだ!と専門家は見ています。私たちに身近なこの海は、まるで「深海のびっくり箱」のような海域だったのです😊



駿河湾は、静岡県の石廊崎と御前崎を結ぶ線より内側の海域です。湾口の幅は56km、奥行きは約60kmで、約2300kmの広さがあります。そこで、東海大学海洋学部の福井篤教授(魚類学)らの研究グループは、駿河湾北部の水深1450~1570mで未知のクサウオ科魚類を発見し、2017年11月に新種として報告したのです!



この淡いオレンジ色をした深海魚は、駿河湾で採取されたことにちなんで「スルガビクニン」と名づけられました。研究グループによる新種の深海魚の発見は、なんと!これにとどまりません。



翌2018年8月には、同じく駿河湾で捕獲されたクサウオ科の深海魚「オナガインキウオ」を新種として論文報告しています。オナガインキウオは、駿河トラフの水深1430~2070mの3地点から計28個体が採取され、胸びれや尾びれの形状などの特徴から新種と確認されました。



種小名の「ruficometes」は、ラテン語の「rufus(赤っぽい)」と「cometes(彗星)」を組み合わせたものです。



快挙はさらに続きます🙌


この「赤い彗星」を報告した翌年の2019年5月、駿河湾で捕獲した深海魚「ミツバインキウオ」を、新種として発表しました。和名の「ミツバ」は、「先端が三つ股に分かれた歯」に由来するといいいます。さらには、その半年後の2019年11月には、「スルガノオニビ」という新種を報告しています。和名の「オニビ」は「鬼火」のことで、「火の玉」のような姿に由来するといいいます。 このように、駿河湾では近年、新種の深海魚が立て続けに発見されているのです!



では、深海魚たちが暮らす世界とは、どんな世界なのでしょうか?



一般に深海魚とは、おもな生息場所が水深200m以深の魚たちを指します。深海と表層とで、大きく異なる環境条件の1つが「光」です。



太陽から降り注ぐ光は、海の深い場所ほど減衰します。赤色系の光は水深100mほど、青緑色系の光は水深720mほどで、ほとんど届かなくなってしまうのです。



ここで問題となるのは、植物プランクトンが「光合成」をするのに十分な量の光が、深海には届かないという点です。



植物プランクトンはさまざまな生物のエサとなり、海の生態系を支えてくれる重要な存在です。このため、植物プランクトンが光合成をおこなうことができる深さ150~200mまで(有光層という)は生物の種類や個体数が多いのですが、深海ではその絶対数が少なくなるのです。



つまり、深海魚たちが暮らす世界は、浅い海に比べて基本的にエサが少なく、それは、それは過酷な世界だといえます😢



そうした深海ならではの環境下で生き残るため、深海魚たちは多様な姿へと進化を遂げてきたのです。


太陽の光がわずかながら届き、“トワイライトゾーン”ともよばれる「中深層」(深さ200~1000m)でおもに暮らす深海魚の中には、少ない光を集めることができるように、眼球が大きく発達した魚種がいます。



例えば、コガシラボウエンギョには、まるで望遠鏡のような形の大きな目が備わっています。これとは逆に、3100m以深に生息し、約8370mという「超深海層」からも採集記録があるヨミノアシロの場合は、暗黒の世界に適応して目は退化し、痕跡的になっているのです。 深海では高い水圧も加わります。水圧は10m深くなるごとに1気圧ずつ高くなるのです。



そして、深くなればなるほど水温は下がっていきます。駿河湾の場合は、深さ300mでは年間を通して約9℃、1000mでは約3.5℃という冷たさです。海水浴客でにぎわう沿岸の浅い海とは違って、暑い真夏でさえもきわめて寒冷な世界が広がっているのです😲



駿河湾の湾内には、「駿河トラフ」とよばれる細長いくぼみがあり、海底が深く落ち込んでいます。湾口部の水深は約2500mです。日本国内の湾で2000mを超す深さがあるのは、駿河湾だけなのです。そして、この日本一の「深海湾」は、日本一の高さを誇る富士山(3776m)の南側に広がっているのです。



圧倒的な深さがあるということは、生物の側から見れば、浅海から深海底まで「垂直方向に多様な生息場所が存在する」ことを意味します。


また、駿河湾は単に深いだけではありません。海底の地形が、とても複雑なのです😲



湾内には急な崖のほかにも、いくつもの尾根や谷があります。こうした変化に富んだ海底地形もまた、深海魚たちに多様な生息場所を提供していると考えられます。駿河湾に生息する約1200種の魚類のうち、約38%をさまざまな種類の深海魚が占めているという報告もあるほどです。



駿河湾には黒潮から分岐した流れが入り込むほか、大井川や安倍川、富士川といった規模の大きな複数の河川も流れ込んでいます。


これらの河川の働きによって、陸からはたくさんの有機物が湾内に運ばれてきます。「栄養豊かな湾」であるゆえに、海の表層では植物プランクトンが一次生産をさかんにおこない、湾内に暮らす多くの生き物たちの暮らしを支えているのです。



プランクトンの死骸などの有機物は通常、表層から深海へと沈降し、深海生物の栄養源となります。ただ、深海にすむ魚たちの中には、エサを得るために自ら表層へと移動するものもいます。


例えば、ハダカイワシ類の中には、ススキハダカのように、日中は中深層にいますが、日没近くになると浮上をはじめ、夜には海面近くまで上がってくる魚種がいます。こうした行動は「日周鉛直移動」とよばれ、表層は敵が多く、襲われる危険もあります。それでも、栄養が豊富な表層は、中深層に比べてエサとなる動物プランクトンが多いため、わざわざ食事のためにやって来るのです。



日周鉛直移動をするハダカイワシ類は、表層のエサを食べます。そのハダカイワシ類が深海へと戻り、さらに大型の魚に捕食されることにより、結果として、浅い海の豊富な有機物を深海へと運搬しているのです。



海底の地形がきわめて複雑な駿河湾は、それゆえに、調査用の網を海底に投入すると、引っかかって破損しやすいという事情があります。


このため、海の表面近くや中層に比べ、海底付近にすむ深海魚の研究はまったくといっていいほど進んでいませんでした。



そこで、福井さんら東海大学の研究グループは、試行錯誤の末にプランクトンネットと金属製の重しを組み合わせ、海底付近にいる深海魚を捕獲するための網を独自に開発し、そして、2000年代に入ると本格的な調査を開始しました。



調査によると、網が海底近くにうまく届くように、2~3分ごとに船を走らせたり止めたりする小刻みな操作を繰り返します。こうした地道な努力の結果が、駿河湾での相次ぐ新種深海魚の発見につながっているのかもしれません。



ですが、意外なことに、最初から「新種の発見」をおもな目的として調査に取り組んでいたわけではないといいます。福井さんの専門は、魚類学の中でも特に「深海魚の仔稚魚の研究」です。



しかし、たとえばソコダラ科のように、成魚はたくさん捕獲できても、その子どもが見つからないというケースがかなりあり、仔魚を捕獲することが大きな課題となっているといいます。



残念ながら、本来の目的である仔魚の採集は思うように進んでいないようですが、その代わりに、これまで誰も見たことのない「未記載種」の魚たちが網の中に入ってきたのです。相次いで発表された新種の深海魚たちの発見は、じつはこうした仔魚調査のいわば「副産物」だったというわけです。



狙っていたものとは別のデータがとれて、それが新たな成果につながっていく。そういった事例は、他の学問分野の研究でも共通してみられる現象といえます。


研究室がある静岡市清水区の沿岸から1時間も船を走らせれば、すぐに水深は1000mを超えるといいます。都市のごく近くにこんな深海があるのは駿河湾だけなのです。調査できたのは、広大な駿河湾のごく一部にすぎず、調査を続けていけば、今後もまだまだ新種の深海魚が見つかるかもしれません。



日本一の深さを誇り、深海魚たちが息づく駿河湾。そのほかにも、その沿岸の浅い海では、南方系のテーブル状サンゴが多数出現するという異変が起きています。その原因として指摘されているのが、「海の温暖化」です。


日本をとりまく海の水温は、過去100年間で1.1℃余り上昇しました。そして今後、水温上昇のペースはさらに速まる可能性が高いと予測されています。海の温暖化は生態系を変化させ、その影響は私たちの食卓にも影を落としはじめています。



日本列島をとりまく海と、そこに暮らす生き物たちに現在、具体的に何が起きていて、それは今後、どう変化していくのでしょうか?


駿河湾・・・あぁ、駿河湾、次にびっくり箱から飛び出すのは、どんな魚なのか、期待しましょう😉