そして男は時計を捨てた・・・はてなシェア版

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日1~2記事更新!土、日は更新多めです。いろんな人たちにシェアしていってください👍どうぞよろしくお願いします😊 

その独特な世界観は「るーみっくわーるど」

f:id:Cupidpsyche:20210522145704j:plain



1978年のデビュー以来、「うる星やつら」「めぞん一刻」「犬夜叉」など数々の名作を世に送り出してきた漫画家、高橋留美子さん。



ラブコメからシリアスまで幅広い作品を発表しており、その独特な世界観は「るーみっくわーるど」と呼ばれ、多くのファンに親しまれています。今回は、そんな高橋留美子さんの「る-みっくわ-るど」溢れる作品の中から代表的な作品をいくつか紹介してみたいと思います👍



■うる星やつら

1978年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートした、高橋留美子さん初の連載作品です。主人公の諸星あたるとヒロインの押しかけ女房・ラムを中心に繰り広げられるドタバタ劇が特徴のSFコメディーで、1981年にアニメ化されるなど、大きな人気を集めたまさしく代表作です。

令和の今も愛され続けている作品で、特にラムは新しいフィギュアがリリースされるなど、その人気は衰えることを知りません😊そういえば、ファミコンカセットを持っていました😅



■めぞん一刻

アパート「一刻館」に下宿する主人公の浪人生・五代裕作と、管理人の未亡人・音無響子の恋模様を中心に描いたラブコメ作品です。1980年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載がスタートし、アニメ化もされました。響子さんって綺麗ですよね😍ポッ❤

めぞん一刻〔新装版〕(1) (ビッグコミックス)

■らんま1/2

1987年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートし、アニメ化やゲーム化もされた人気作です。水をかぶると女の子になってしまう主人公・早乙女乱馬をはじめ、個性あふれるキャラクターが織りなすドタバタ劇が展開されます。

乱馬と許嫁の天道あかねが、時にケンカしながらも、その距離を縮めていく様子もいいですよね。トンプ-っていましたよね🐷

らんま1/2〔新装版〕(1) (少年サンデーコミックス)

■1ポンドの福音

『1ポンドの福音』は、1987年から『週刊ヤングサンデー』で連載がスタートした作品。2008年にはテレビドラマにもなりました。減量中なのに食欲に負けてしまうという駆け出しのボクサ-と若い修道院女を中心とした人間模様を描いたラブコメスポコン作品です🍚



■犬夜叉

1996年から『週刊少年サンデー』で連載がスタートした作品で、アニメ化もされました。戦国時代にタイムスリップしたヒロイン・日暮かごめと、主人公の半妖の少年・犬夜叉の、四魂の玉のかけらを探す旅を描いています。迫力のバトルシーンやシリアスな展開を中心に、コメディ要素も随所に盛り込まれています。



■境界のRINNE

2009年から『週刊少年サンデー』で連載された作品で、シリアスな展開が中心だった前作の『犬夜叉』から一転、コメディ要素が強く打ち出されました。人間界と霊界の間で繰り広げられるドタバタ劇が中心の作品で、クールな主人公・六道りんねとヒロイン・真宮桜の関係は、いつ読んでも魅力的です😊



■MAO

2019年に『週刊少年サンデー』で連載がスタートした作品で、記事執筆時点で8巻まで刊行されています。クールでマイペースな陰陽師の主人公・摩緒と、人間として暮らしていた妖のヒロイン・黄葉菜花の出会いから繰り広げられる物語は、これまでの作品とは違った、る-みっくダークファンタジーです。まさしく新しい「るーみっくわーるど」を味わえる1作です。



みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?ちなみに筆者の個人的な思い入れは、「らんま1/2」と「めぞん一刻」です!😊なぜかというと、オットト・・・歳がバレてしまいそうなので、このへんで!😅