そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

存命アーティストの作品 驚きの落札価格を知っていますか?

f:id:Cupidpsyche:20210525203701j:plain



みなさんは、現在存命アーティストの作品として落札額トップ5の作品を知っていますか?どのくらいの価格で落札されているのか?それでは、紹介してみたいと思います!👍




■第1位「ラビット」 ジェフ・クーンズ


2019年5月、米ニューヨークの競売大手クリスティーズ(Christie's)で、ジェフ・クーンズ(Jeff Koons)氏(66)がバルーンアートのウサギをモチーフに制作したステンレス製の彫刻「ラビット(Rabbit)」は、9110万ドル(約99億円)で落札されました。


1986年制作された作品で、高さ1メートル強のこのウサギは、クーンズ氏の最も有名な作品の一つで、存命作家としては最高額で落札されました。


ただし、2017年に史上最高額で落札されたルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチ(Leonardo da Vinci)の絵画「サルバトール・ムンディ(救世主、Salvator Mundi)」の4億5000万ドル(約488億円)と比べるとかすんでしまいますね😅




■第2位「芸術家の肖像画」 デービッド・ホックニー


それ以前に存命アーティストの落札額として最高記録だったのは、英国生まれの画家デービッド・ホックニー(David Hockney)氏の代表作「芸術家の肖像画―プールと2人の人物―(Portrait of an Artist(Pool with Two Figures))」です。2018年11月に9030万ドル(約98億円)で落札されました。



1972年に完成されたこのカラフルな油絵には、小綺麗な身なりでプールサイドに立つ男性が、プールで泳ぎながら向かってくる男性を物思わし気に見つめる様子が描かれています。




■第3位「Everydays: The First 5,000 Days(毎日 最初の5000日間)」 ビープル


2021年3月11日、米ニューヨークのクリスティーズで6930万ドル(約75億円)で落札された米国人アーティスト、ビープルのデジタルコラージュ作品です。デジタル作品としては史上最高額で落札されました。


本名マイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)氏は、1日1作品を制作し、出来上がった5000作をコラージュとして一つにまとめました。


2007年5月に創作を始めた当時は作品を売ったことがない、仕事に飽きたウェブデザイナーだったといいます。


13年を費やして完成したこの作品は、ブロックチェーン技術を用いることで唯一無二の作品であることを保証する非代替性トークン(NFT)作品として競売にかけられました。




■第4位「バルーンドッグ(オレンジ)」 ジェフ・クーンズ


今では古典となった感のある、クーンズ氏の彫刻作品「バルーンドッグ(オレンジ)(Balloon Dog(Orange))」。2013年に5840万ドル(約63億円)で落札され、当時の存命アーティストの作品として最高額を記録した作品です。


バルーンでできたように見える色違いの犬の彫刻シリーズ5点のうちの1点で、バルーンは現代アートの象徴となっています。




■第5位「Hurting the Word Radio #2(ラジオという単語を痛めつける #2)」 エド・ルシェ


米ポップアーティストのエド・ルシェ(Ed Ruscha)氏による油画作品は、2019年11月のクリスティーズの競売で5240万ドル(約57億円)で落札されました。


広告用のレタリング文字を模倣した「RADIO(ラジオ)」という単語を、1.5×1.4メートルのキャンバスに大きく描いた1964年の作品で、スカイブルーを背景にした黄色い大文字のうち2個は、万力でゆがめられています。



私にはとても手が出せない作品ばかりです😅みなさんなら、分かりませんよ😊