そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

近未来感が溢れるテクノスポ-ツ「HADO」

f:id:Cupidpsyche:20210527201408j:plain



頭にはVRゴーグルに手にはスマホという、近未来感溢れだす「HADO」というスポーツをご存知ですか?



テクノロジーを駆使したリアルなスポーツで、ゲームやアニメのような世界が現実に味わえるARスポーツなのです(AR=拡張現実。現実で人が感知できる情報に、デジタルの力で現実を「拡張」するテクノロジーのことです)。



HADO(波動)という名の通り、エナジーボールを撃ち合うのです。まさに、かめはめ波をテクノロジーの力で打てるようになったイメージです。



オッス!オラ、悟空!なんかカッチョいいぞ😊



これは2016年に株式会社meleapという日本の会社が考案したスポーツで、すでに世界中で160万人もの人が体験しているといいます。昨今話題のEスポーツの次にくるのが、このテクノスポーツと言われていて、すでにワールドカップが行われた程、世界的注目度の高いスポーツなのです。



テクノスポーツは、どんな道具を使うのでしょうか?



専用のスマホを2台、頭にヘッドマウントディスプレイと腕にアームセンサーを装着します。機材は全てレンタル、当日は動きやすい服装で挑めばOK!何よりも人と接触しないというスポーツは今のwithコロナ時代に最適かもしれません。



さっそく、文面の中で実践してみましょう?!😃(伝わらなかったらゴメンナサイ😅)



早速、ダンスの要素を取り入れた準備運動からスタートしますよ!HADOの動きで重要になってくるのは、「よける」「かわす」!そのポーズを取り入れた準備運動です。イチニ!イチニ!




HADOの良いところは、筋力や身体能力による差があまり出ないことです。大人と子どもが戦っても同等な戦いができて、体格や年齢、性別問わず対戦できるので、ボーダレスに楽しめるのが特徴です。




通常は1チーム3対3で行われ、1試合80秒間の戦いです。目の前にいる相手にエナジーボールをあてて、ライフを破壊すればポイントが入ります!




連打するとエネルギーがなくなるので、右肘を上に曲げて、チャージしなくてはなりません。その間、相手からの攻撃を避け、シールドを張りながらかわしていきます。むやみやたらに打ちすぎるとすぐにエネルギーがなくなるので、的確に狙って!狙って!狙って~打つ必要があるのだ!これぞ、狙い打ち🙌ウララ~ウララ~




ホッと一息🍵練習の後は少し振り返りをしつつ、「どうすれば相手のライフを取れるか?」「どうすれば攻撃を防げるか?」など戦略を考えていきます。




HADOは瞬発力などの身体能力よりも、チームでの戦略力が問われていきます。慣れてくるとアタッカーやディフェンダー、テクニカーといったように役割分担も必要になるようだ😃




とにかく80秒があっという間のスポ-ツ、しかし、何度かプレイしているうちに避け方や、自分なりの攻め方がわかってくるのです。そうなれば、戦術を練りながらチームプレイが楽しめそうだ😉




そばで見ていれば、相当やりたくなってくるスポ-ツであることは間違いなし👍未来のテクノスポーツ「HADO」 を体験せよ😄



うまく伝わったかな😅