そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

あくびは伝染する・・・「集団の強化」

f:id:Cupidpsyche:20210530093802j:plain



あくびは、哺乳類をはじめとした脊椎動物で見られる行動ですが、この一見単純な現象も分かっていないことが多く、今のところ科学的な説明は十分になされてはいません。




自然に発生するあくびもあれば、あくびを見たり、聞いたりしたときに出る伝染性のあくびもあります。



自発的なあくびには、頭部への血流を増やし、脳への酸素供給、脳の冷却といった生理機能があるとする研究が多いのです。その結果、あくびをした動物は、特に眠気のあるときに注意力を高められるといいます。



一方で今だに未解明なのは、伝染性のあくび、つまり哺乳類はなぜ誰かのあくびに反応してあくびをするのか、という問題です。




人間の場合、伝染性のあくびは一種の共感ではないかという研究結果があります。



通常、あくびをする人はストレスや不安、退屈、疲労を感じていて、その人への共感としてあくびが出るというものです。伝染性のあくびはチンパンジー、オオカミ、イヌ、ヒツジ、ゾウでも研究されています。しかし、これまでライオンを対象にした研究はなかったのです。



今回、南アフリカに暮らす野生のライオンを対象に、伝染性のあくびの研究が行われました。ライオンは仲間のあくびに「感染」した後、動きを協調させる傾向が見られたというのです。この論文は学術誌「Animal Behaviour」の2021年4月号に発表されています。



「データとしてはっきりと結果が出ました。一緒にあくびをした2頭のライオンは、その後に極めて同期的な行動を取ったのです」と、論文の著者でもあるイタリア、ピサ大学の動物行動学者エリザベッタ・パラージ氏は話します。



つまり、ライオンのように社会性をもつ動物にとって、伝染性のあくびには重要な意味が隠されているということです。ライオンは狩りや子育て、侵入者からの防御を主に群れで行います。




パラージ氏らは5カ月に渡って、南アフリカのマカラリ動物保護区に暮らす2つのライオンの群れ、合わせて19頭の行動を録画しました。



その結果、群れの仲間があくびをする姿を見た直後にあくびをする確率は、あくびを見なかった場合に比べてなんと139倍も高かったのです😲



自発的なあくびはリラックスしているとき、寝たり起きたりしているときに特に多く見られました。これはライオンも人間と同様に、あくびによって血流が増加し、脳が冷却されて、おそらく注意力が高まるという仮説を裏付けていることになります。



パラージ氏は、今回の研究における最も興味深い発見の一つに、ライオンが近くにいる仲間のあくびをまねた後、仲間と同じ行動を取っていたことを挙げています。



例えば、2頭のライオンが横たわっていたとき、片方があくびをすると、もう片方もあくびをします。その後、最初にあくびした個体が立ち上がると、もう片方も立ち上がったのです。



米ニューヨーク州立工科大学適応行動認知研究所の所長アンドリュー・ギャラップ氏は今回の研究について、オオカミやチンパンジーといった共同生活を送る動物が群れの警戒を強化するため、伝染性のあくびを進化させたという説を裏付けるものだと述べています。



つまり、伝染性のあくびは「集団意識や脅威検知に役立つ」可能性があるということです。



また、ライオンも人間と同様に、あくびによって脳に有益な生理学的影響を受けているらしいという点で、ギャラップ氏はパラージ氏に同意しています。



ただし、動物があくびをする理由についてはまだ多くのことが解明はされていないとパラージ氏は認めていて、例えば、あくびが伝染することで狩りの成功率が上がるなど、好ましい結果が得られるかどうかまでは確認できていません。




伝染性のあくびは、まだ知られていない複数の機能を果たしている可能性もあります。例えば、ゲラダヒヒは3種類のあくびを持ち、それぞれが友情、敵意などの異なるメッセージを伝えているといいます。



パラージ氏によれば、伝染性のあくびに共感が関係しているかどうかは、あくびの研究で「最も熱い議論が交わされている分野だろう」と言います。伝染性のあくびは動物同士を感情的に結び付けるという説が有力ですが、直接的な関係を示す十分な証拠はありません。



共感とあくびの関係については、人間、イヌ、オオカミ、いくつかの霊長類など、ほんの一握りの種しか研究されていませんが、2013年に発表されたある研究では、ペットのイヌは知らない人のあくびより飼い主のあくびに反応してあくびをすると示されています。



この研究結果は、あくびが種を超えて伝染することを初めて証明したもので、イヌが飼い主に感情的に同調していることを示しているかもしれないと研究チームは報告しています。



ライオンを対象とした今回の研究では、あくびの伝染が共感と関係しているかどうか、関係しているとしたらどのような関係かを直接検証したわけではありませんが、親密さとあくびのうつりやすさを関連づける研究に役立つかもしれません。



もし、あなたがあくびをして、私がそれに反応し、その直後に私たちが同じ行動を取ったなら?お互いの行動を解釈する能力が向上します。



この意味で、あくびの伝染はより高度な社会性を育むために重要なファクタ-なのかもしれませんよ👍