そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

もはや「充電」という行為は過去のものになる!

f:id:Cupidpsyche:20210605101701j:plain



ヘッドフォンのテクノロジーに真のイノヴェイションが起きることはめったにない・・・



ボーズの「Aviation Headset」は航空機のパイロット向けに世界で初めて市販されたノイズ低減ヘッドセットです。その発売は1989年にさかのぼります。



それ以降はBluetoothが導入され(2004年)、やがてこれらふたつの主要機能の小型化によってアクティヴノイズキャンセリング(ANC)機能付きのワイヤレスイヤフォンが次々に登場してきたわけです。アップルは現在、このタイプのイヤフォンで多大な利益を上げているのです。



しかし、ヘッドフォンのテクノロジーで本当の意味での革新を遂げたと思われるのは、スウェーデンのライフスタイルオーディオのブランド「Urbanista」です。



ワイヤレスヘッドフォンの愛用者がバッテリーの心配をしなくても済むように、太陽光発電を搭載したヘッドフォンを開発したのです。



169ポンド(約25,000円)というまともな価格で発売されたヘッドフォン「Urbanista Los Angeles」は、屋内外を問わずあらゆる光をエネルギーに変換し、実質的に無限の再生時間を提供するといいます。そしてもちろん、アクティヴノイズキャンセリング機能も搭載しています。



Urbanistaによると、晴れた日に屋外で1時間を過ごせば3時間の再生時間が得られるといいます。例え、曇っていたとしても1時間ほど外で過ごせば、2時間分の再生時間になります。



環境光での充電に関しては、照明が明るい部屋やオフィスでヘッドフォンを使えばエネルギーを追加し続けます。



ヘッドフォンを使用していないときは窓際に1時間ほど置いておけば、さらに1時間の再生時間を得られるはずだと、Urbanistaは説明しているのです。それでもバッテリーのもちが心配なら、750mAhの内蔵バッテリーもちは50時間あります。



もはや充電は過去のものなのです・・・🙆



Urbanista Los Angelesは既存の「Miami」シリーズがベースになっていて、その他の仕様は傑出しているとまでは言えないにしても、標準はクリアした満足のいくものです。



40mmネオジウムドライヴァーで再生周波数は20Hz~20kHz、内蔵マイク、アンビエントサウンドモード、オンイヤー検知機能が搭載されていて、USB-C充電コネクター、Bluetooth 5.0に対応します。音声アシスタントは「Siri」か「Google アシスタント」を選ぶことができます。



キャリングケースまで付属していて、USB-C充電コネクターとオーディオケーブル、機内用アダプターも同梱されています。現時点で、本体色は太陽光パネルのようなミッドナイトブラックの1色しかないようですが、その他の色もいずれ発売されるようです。ヘッドバンドの素材を手がけたスウェーデンのExegerによると、さまざまな色味のものを作ることができるといいます。



「最初は懐疑的でした」と、Urbanistaの最高経営責任者(CEO)のアンダース・アンドリーンは言います。「ところが、基本的に使った分と同じだけ(のエネルギーを)補充できる製品をつくれることが、次第にわかってきました。もはや充電は過去のものになったのです」




比較的低い価格設定に関してアンドリーンは、2026年には421億ドル(約4.6兆円)規模に成長する可能性があるワイヤレスヘッドフォン市場で、大きなシェアを獲得したいと展望をのぞかせます。



「買いやすい価格にしたいのです。ひとりで1セットか2セット、あるいは3セットでも買えるようにしたいのです。大枚をはたかねばならないような商品ではいけません。そして、より多くの人がこうした製品を購入すれば、それだけ影響力をもつことになります」



このヘッドフォンには、「Powerfoyle」という太陽電池が採用されています。この素材は、柔軟なプラスティック素材にスクリーン印刷した上で、ラミネート加工できるのです。



光合成の原理に従って電気を生成して蓄えるのです。光合成とまったく同じように、さまざまな色のさまざまな色素を使って、光子、光、あらゆる種類の光を吸収していきます。



Powerfoyleの特徴は、直射日光では標準的な太陽電池ほど優秀ではないものの、屋内や公共交通機関といった光量が少ない場所で光エネルギーを取り込む能力がはるかに高いことにあります。



これによって光の状態によっては、フレキシブル基板を用いたアモルファスシリコン太陽電池よりも、最大約2倍の電力を生み出せるといいます。



またPowerfoyleには、光子や弱い光をさえぎる導電膜がありません。導電膜は太陽電池の実質的な有効面積を最大で15%ほど減少させることがあります。さらにPowerfoyleは、光の入射角にあまり影響されないとされ、日よけがあってもさほど問題は生じないのです。



「通常の晴れた日に外を歩けば、消費量の3倍の電力を得られます。曇った日にロンドンの街なかを歩いていて、アコースティック・ノイズキャンセリング機能を使っていなければ、およそ8mAの電力を消費します。これに対して、消費量の2倍にあたる約16mAを得られるのです」



ノイズキャンセリング機能が必須で、照明が暗い国際線の機内ではどうでしょうか・・・




「窓からまったく光が入らず、暗い機内照明だけなら、どんな場所にいるときよりも光量は少ないでしょう。それでも18時間のフライトで照度が平均2,000ルクスと仮定すれば、1時間の消費量を取り戻すには8時間ほど必要になるでしょう。これは妥当な仮定だと思います」



光からエネルギーを得るかどうかにかかわらず、もちろん最悪の場合は50時間もつバッテリーがあるのです。



ヘッドフォン業界がPowerfoyleの名を耳にするのは、今回が初めてではありません。2019年末にJBLが太陽電池を搭載したヘッドフォン「JBL Reflect Eternal」を発表しています。



それは「ExegerのPowerfoyleテクノロジーによって可能になった、実質的に無限に再生できるワイヤレスヘッドフォン」を謳う製品です。



このReflect Eternalは2020年10月に出荷される予定でした。しかし、最終的に実現しませんでした。JBLは11月にプロジェクトを停止し、新型コロナウイルスのパンデミックによって製造に遅れが生じたと説明しています。



JBLのチームはサンフランシスコ、シリコンヴァレー、深セン、そしてストックホルムと、あちこちに散らばっているようで、パンデミックによって、一緒に仕事をするのが非常に難しくなってしまったのでしょう。




今後はUrbanistaもExegerも、この技術を他の製品に応用する計画でいるようです。Exegerはすでにスポーツウェアブランドの「POC」と組んで、太陽電池を組み込んだスマートヘルメット「Omne Eternal」を開発していて、2021年6月の発売を予定しています。



もうひとつの可能性はポータブルスピーカー。太陽電池を組み込む上で必要な面積を得られる可能性が高いことから、Powerfoyleで覆えば十分なエネルギーを太陽光から得られそうです。



太陽光で充電する「AirPods」が登場する可能性についてはどうなのでしょうか。イヤフォンそのものは太陽光の素材を使うには小さすぎるかもしれませんが、これがケースでなら実現する可能性はあるかもしれません。



その場合は、ケースをPowerfoyleで覆って、光で充電することになるのでしょうか😲