そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

韓国で大流行している?!というサツマイモダイエットとは?

f:id:Cupidpsyche:20210607204610j:plain



女子に大人気の食材「サツマイモ」。最近ではスーパーやコンビニでも焼き芋を購入できるので、気軽に食べられることから、より一層女子のサツマイモブームに拍車がかかっている様子です😲



3時のおやつや、白ご飯の置き換えのオプションとして選ぶ女性がいるなど、ダイエットにサツマイモをおすすめしているトレーナーも多いのです。



しかし、甘くてスイーツ感覚で食べられる食材が本当にダイエットに対して効果的なのでしょうか・・・



それでは、サツマイモの栄養価とはどれくらいなのでしょうか?



サツマイモにはカリウム、ビタミンC、食物繊維などさまざまな栄養素が含まれています。サツマイモは大きいものであれば1本250gほどあるので、350kcalほどです。1本をひとりで食べるのはかなりのボリュームといえます。




サツマイモの皮にはアントシアンにという抗酸化物質が入っています。過剰な活性酸素を除去して老化を防止する働きがあるので、きれいに洗って皮ごと食べたほうが良いのです。




それでは、サツマイモの効果・効能はどうなのでしょうか?




サツマイモに含まれるカリウムは、過剰なナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧予防に効果が期待できます。美肌ビタミンとも呼ばれるビタミンCは熱に弱いのですが、サツマイモに含まれるビタミンCはでんぷんに守られているため、熱に強いのが特長なのです。




食物繊維はおなかの調子を整えて便秘予防に働くだけでなく、血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールを排出したりする働きがあります。血糖値の上昇を抑えることは脂肪を蓄えにくくするので、体重が気になる方にもおすすめの栄養素です。




不溶性食物繊維も含むサツマイモ。不溶性食物繊維は一度にたくさんとると便が詰まって便秘になりやすいという方もいるので、サツマイモを食べるときは水分を一緒に摂るようにした方が良いのです。




一食をサツマイモに置き換えるという韓国で大流行した「コグマダイエット」というダイエットがあります。




コグマダイエット(コグマとは韓国語でサツマイモのこと)とは、IUやmissAのスジなど、韓国の有名アイドルが大幅な減量に成功したことで、一時話題を呼んだダイエット法です😲




ダイエットルールはいたって簡単で、1日のうちの一食を150g程度のサツマイモに置き換えるだけ(調理法は蒸す、もしくは焼く)です。




かなりストイックなやり方ですが、韓国では多くの有名人が減量に成功したことから一躍メジャーなダイエット法となりました。




それでは、サツマイモはダイエットに効果的なのでしょうか?




同じ分量のごはんよりもサツマイモのほうがエネルギーは低いため、ダイエット中のカロリー制限に役立ちます。ごはん一食の目安は150g。サツマイモは大きいもので250gなので中くらいのものなら1本、大きければ1/2本くらいを目安にすれば良いでしょう。大きいもの1本250gを食べるとごはんよりもエネルギーが高くなるので気を付けてください。




また、一食として活用するだけでなく、おやつとしてもおすすめです。間食のエネルギー量の目安は200kcal以内とされており、クッキーだと3枚程度ですが、焼き芋ならば小さめなら1本、大きいものであれば1/2本が食べられます。サツマイモは食物繊維を含むので、満足感を感じやすく、また腹もちがよいので食べすぎ防止にもよい食材なのです。




特にダイエット中は甘いものが食べたくなりますが、砂糖を使わなくても甘さを感じられるサツマイモはダイエット中の味方といえます。



サツマイモでダイエットするメリットはあるのでしょうか?



糖質の多いサツマイモですが、ごはんと比較すると食物繊維、ビタミンCなどの栄養素が摂れるのがメリットです。また、ダイエット中は食事の量を減らして便秘になりやすいという方もいます。




サツマイモには便通をよくする食物繊維のほかにも整腸作用が期待できるヤラピンが入っているので、便秘予防としてもおすすめの食材です。食物繊維が入っていることで腹もちもよくなるのがうれしいポイントです。




間食として活用する場合でも、クッキーやケーキなどのお菓子にはエネルギーありますが、カリウム、食物繊維などの栄養素をほとんど含んでいないため、サツマイモを間食にすると栄養素もとることができます。




おすすめするサツマイモダイエットのやり方はあるのでしょうか?



一食分をごはんの代わりにサツマイモにするサツマイモダイエットは、エネルギー制限に効果が期待できます。100gあたりのエネルギー量を比較するとごはんは168kcal、サツマイモは140kcalとサツマイモのほうが低いです。




ただし、サツマイモだけで食事を済ませようとすると栄養が偏ってしまうので気を付けてください。タンパク質源である肉類や魚や卵、ビタミンやミネラルが豊富な野菜を使ったおかずやスープもとるようにした方が良いでしょう。




サツマイモはふかしたものや焼き芋で取り入れて余計な油や調味料を使わずに食べるようにしましょう。同じサツマイモでも、油で揚げた大学芋や芋けんぴ、バターと砂糖をたっぷり使ったスイートポテトはエネルギーが高い傾向があります。おやつとして楽しむ場合でもシンプルなふかし芋や焼き芋がオススメです。




例えばサツマイモを電子レンジで調理するときは、200wの低温で1本あたり15分程度加熱すると甘みが出ます。ぬらしたキッチンペーパーでサツマイモを包んでからラップで巻くと水分を逃さないので、ホクホクで、しっとりしたふかし芋になります。ちょっと蒸気がでるようにラップを片一方だけ開けておくと火の通りがよくなります。




サツマイモに含まれるアミラーゼというでんぷん分解酵素は、ゆっくりと加熱することで甘さが出ます。甘いものが食べたくなるダイエット中に活用してみてください😊