そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

あなたを感動的なシーンが待っている! 正月箱根駅伝

f:id:Cupidpsyche:20211231195936j:plain





正月の箱根駅伝は平均テレビ視聴率が25%を超えるほど絶大な人気を誇っています😉。その理由のひとつに挙げられるのは絶妙なロケーション。10区間で全長217.1㎞の道のりは大都会を駆け抜けて、海を眺めて、山に挑むという壮大なものだからなのです。旅気分も合わせて味わうことができる箱根駅伝をより楽しく観戦したくはありませんか?それでは、各区間の特徴と見どころを紹介していきます。



👉往路の見どころ

1区 21.3㎞(大手町→鶴見)順位よりもトップのタイム差が重要!




箱根駅伝は東京・大手町の読売新聞社東京本社前を午前8時00分にスタートします。決戦前の緊張感は独特です😰1区は全体的にはフラットなコースで、起伏は7.8㎞付近の八ツ山橋と18㎞付近の六郷橋くらいです。序盤から高速レースになるのか、スローな展開から終盤にペースアップするか。どちらかのパターンになることが多く、2区にエースが控えていることもあり、1区は順位よりもトップとのタイム差が重要となります。




2区 23.1㎞(鶴見→戸塚)序盤から〝頂上対決〟が見られるかも?




歴代のエースたちが名勝負を繰り広げてきた「花の2区」。前半はフラットですが、横浜横須賀道路のガードをくぐる14㎞付近から約20m上る権太坂があり、ラスト3㎞に標高差で約40mものハードな上り坂が待ち構えています。留学生ランナーの参戦も多く、順位変動が激しい区間です。エースたちの激しいバトルが見られるはずです。




3区 21.4㎞(戸塚→平塚)ペース配分と終盤の走りに注目!




往路の中盤となる3区は1㎞付近の原宿第一歩道橋あたりから浜見山交差点までの約9㎞で、約60mの標高差を下る「スピード区間」になります。比較的走りやすいコースだけに1年生の起用も目立ちます。11.9㎞の浜須賀歩道橋を右折して国道134号線に入ると、ランナーたちは左に相模湾、正面に富士山を望みます。湘南大橋を渡れば、残りは約4㎞。前半飛ばしやすいコースだけに、ペース配分と終盤の走りがポイントになります。




4区 20.9㎞(平塚→小田原)意外と険しい「準エース区間」




往路では最短区間ですが、コースは意外と険しいのです。そのため「準エース区間」と位置付けている大学が多いのです。海岸線から大磯駅前歩道橋から再度、国道1号線へ。東海道の松並木を抜けると、12㎞手前の国府津駅入口までは細かい起伏が続きます。後半はいくつもの橋を渡り、17年大会から延長された終盤の2.4㎞は標高差で30mも上ることになります。なお直近3年間は4区でトップを奪った大学が、そのまま往路を制しています。




5区 20.8㎞(小田原→箱根)まさに「箱根駅伝」を象徴する区間🙂




天下の険を超える5区は上り坂が続く箱根駅伝を象徴する区間です。スタート地点の鈴廣前は標高約40m。箱根湯本駅を過ぎた3㎞付近から本格的な上りが始まり、そこから約13㎞にわたり、上り坂が続きます。コーナーが連続するため、前の走者を把握するのが難しく、そして距離が進むにつれて、気温も下がっていきます。16.3㎞付近で標高874mの「1号線最高地点」に到達。その後は元箱根まで一気に下り、最後の約1㎞は緩やかな上り坂。芦ノ湖には往路のゴールテープが待っています🥳




👉復路の見どころ



6区20.8㎞(箱根→小田原)差がつきやすいのはラスト3km?




復路のスタート時間は午前8時00分です。往路の結果を引き継ぎ、時差で走り出し、トップから10分以上遅れたチームは一斉スタートとなります。序盤は上り中心ですが、4.5㎞の「1号線最高地点」からは一転して、ダウンヒルコースが待っています。いくつものコーナーを抜けるため、最短距離で進めるようにコース取りが重要になります。下り坂は脚(主に太腿前部)へのダメージが大きく、平坦となるラスト3㎞で差がつきやすくなります。




7区 21.3㎞(小田原→平塚)エース級を配置して勝負にくる大学も?!




小刻みなアップダウンがあるものの、コースはさほど難しくありません。最後の大磯郵便局前と高村不動産前の間は一方通行道路のため往路とは異なる迂回ルートになります。比較的楽なコースですが、「復路の2区」としてポイントに置いている大学は少なくありません。エース級を配置して勝負にくる大学もあります。午前9時前後の小田原中継所は冷え込むことが多いですが、晴れると海岸線の気温がグンと上がるため苦しめられるランナーもいます😰




8区 21.4㎞(平塚→戸塚)ここで優勝が決まる?重要な区間!




海岸線沿いは平坦な道が続くものの、9.5㎞付近の浜須賀歩道橋を左折してからは、上り気味のコースとなります。特に15.6㎞地点の遊行寺の坂は厳しく、攻略が難しい区間です。そのため終盤に大きくペースダウンする選手が目立ちます。天気の良い日は正面から日差しが降り注ぐため、脱水症状などでフラフラになる選手もいるほどです。近年、総合優勝を狙う大学は8区までに勝負を決めるケースが多く、主力級を配置するような重要区間になっています。




9区 23.1㎞(戸塚→鶴見)シード権争いのカギとなる復路のエース区間




花の2区と並ぶ最長区間です。優勝の行方、シード権争いのカギとなるため、「復路のエース区間」と呼ばれています。スタートしてすぐに約3㎞の下り坂があり、序盤からスピードに乗りやすく、その後は約4㎞の緩やかな上り、権太坂の下りに続いて、緩やかな下り坂が約6㎞続きます。2区よりも走りやすいコースのはずですが、単独走になることが多く、気温も上がるためかタイムは意外と伸びていません。大逆転を狙ってハイペースで突っ込む選手もいますが、たいていは終盤に失速しているほどです😭




10区 23.0㎞(鶴見→大手町)1区より2km長い最終区間




コース自体は六郷橋と八ツ山橋のアップダウン以外はフラットのため走りやすいです。終盤部分は1区と異なり、日比谷通りを馬場先門前で右折して、日本橋を渡るため2㎞ほど長く、天候によっては急上昇する温度と、ビル風に悩まされることもあります。何より9人の汗が染み込んだタスキをゴールまで運ぶ重圧の方が大きく、沿道の観衆が最も多い区間で華やかな道のりが続きます。




近年、優勝争いは8区までに勝負がついていますが、10位以内に与えられるシード権争いは9・10区の長丁場で順位が大きく動いています。復路は一斉スタートする学校もあるため、中位以降は走行順位と実際の順位が違うこともあり、観る方も注意が必要😉ゴールの読売新聞東京本社には13時20分頃から続々と選手たちが帰ってきます。




今回もきっと感動的なシーンがあなたを待っているはずです😀