そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

SCENE 「ポルトの長い坂をくだってみれば・・・」

f:id:Cupidpsyche:20211231155725j:plain




ポルトの長い坂をくだっていると、賑やかな行列にぶつかる・・・




大学に近い、ふたつの教会にはさまれたエリアの街路樹の下で、人々が144番地の建物を眺めている。その列は一軒の書店へとつながっている・・・




「レロ書店」はおそらくヨーロッパでもっとも有名な本屋。創業は1906年、その歴史と内装の豪華さから2006年にはスペインのエルパイス紙が「世界一美しい書店」とし、英国のガーディアン紙も2年後にそれに続いた。




ネオゴシック様式の店内には、書店というよりも伯爵の館の趣が漂い重厚な木質が古インクの匂いと混ざりあって、魅惑の異空間を創りあげている。ハリーポッターに出てくる本屋に似ているということで世界からファンも集うそうだ。




最前列にいた老夫婦が、「ようやくだね😉」と言いながら、微笑みを後列に残して扉の奥へと消えていく・・・




いまでは入店まで1時間を超えることも少なくなく、事前予約制で、5ユーロの入場券はバウチャーとなりその分の本を購入できる。昔はふらりとレロに立ちよれた贅沢。それができなくなったのは、少し残念だ😢




通りすがら、店内をのぞいてみれば、晩餐会の絨毯のような紅の階段が、上階へと甘い曲線を描きながら千の書物を見守っている。




ポルトの街はゆるやかな傾斜の中にある。




石畳の路の数々がゆっくりと流れるドウロ川へ、終着駅へ向かう長距離列車のようにつながっている。




旅人がレロ書店から川沿いへと続くこの路を歩いたのは1年前のこと。




書店の前に人影はなく、ドウロ川沿いも閑散としていた。やがて時がたち、街には活気がもどってきた。感染症の蔓延がもたらしたひとときの静けさは、今となってはもう遠い昔のことのように・・・




川沿いのバルは人で埋まっていた。午後の酔いどれの人たちが、ときおりルイス一世橋を見あげながら、グラスに注がれた金色のサグレスや緑のワインを楽しんでいる。広場の演奏者の奏でるしらべは柔らかな風にのって、向こう岸のテーブルまで届きそう・・・




対岸のビラ・ノバ・デ・ガイアにはこの地の象徴でもあるポートワインのボデガが並ぶ。かつてポルト人たちはこの琥珀色のボトルを英国へ輸出し、街にありあまる富をもたらした。




人口は23万人と首都リスボンの半分に満たないけれど、そんな史実や、今も残る強固な産業が、ポルト人の高いプライドの根本にはある。




旅人がはじめてポルトを訪れたとき、喫茶店で「ビッカをひとつ!」と頼んだことがある。長く滞在したリスボンで、「エスプレッソのことを僕らはビッカと呼ぶんだ!」と教えられ、そのブラジル的な響きがとても気に入っていた。




けれどポルトの店員は冷めた目で首をふり、来訪した東洋人の旅人を前に、「それはビッカじゃない!カフェだ!いかなる意味においても・・・」と言った。静かに出されたエスプレッソの味を、旅人はもう覚えてはいない・・・




「25年、いや30年だったかな?もうずっと出し続けてるんだ、うちのタコごはんは人気だからね😉」、そういって、痩せた店員は忙しそうに次の皿を運んでいった。




中心部のはずれに、一軒の食堂がある。カルドソ通りの「ノヴァ・エラ」。タコごはんの名店。




タコごはんは、この街を訪れたら必ず食すべきひと皿だ👍




ポルトを代表する食べものといえば、フランセジーニャという民衆のソウルフード。きつね色のトーストに肉やハムを不謹慎に挟みこみ、成人の1日推奨摂取量の倍はあるだろうチーズをかけた、強欲な商人が愛しそうな一品。




365日分のレシピを持つといわれるタラ料理は魅力的で、旬のイワシの味も南欧一。それでもポルトを訪れると、なぜか吸い寄せられるように、まずはタコごはんの店へ向かってしまう・・・




目前の大西洋で揚がったタコの旨味と滋養が染み込んだ炊き込みごはんの上に、揚げたてのぶ厚いタコの天ぷらがのっている。ポルトガル料理なのに旅人の胸になぜか懐かしさが込み上げた、そうだ!タコ天定食😅




この品を出す店は減りつつあるという。悲報が届いたのは一年半前のことだった。72年の歴史を持つタコごはんの名店、カンパーニャ駅近くの「カーサ・アレイショ」の閉店。地元紙コレイオ・ダ・マーニャはこう報じた・・・




「あの伝統の名店も、コロナを乗り越えることはできなかった・・・」




同じく名店だった「カーサ・イネス」も閉店していた。本当に旨いタコごはんを食べられる店はそう多くはない。




店は地元民で埋まっていた。テーブルの真っ白なシートの上に並べられた皿から、ゆらゆらと湯気が舞っている。頭上のテレビは民放の午後のニュースを流している。




白髪の女性が貴婦人の作法でタラのじゃがいも炒めを食べている。隣では中年男が鴨の炊き込みご飯(地中海オレンジの香りを添えて)をほおばっていた。ふっくらとした鴨肉は見事な鼈甲色で、筋繊維がしっかりと見えている。それは、柔らかに炊きあげられた証し👍




「いつもこんな感じね!」




隣に座った婦人は言った。けっして広くはない店内で、客と客の距離はとても近い。




「昔からここにあるお店だし、ほら、おいしいでしょう。値段だって悪くない。だからこの時間は近所の人でいっぱいよ😊。支払いの時に並ぶのは、まあ仕方ないわね・・・」




お腹がいっぱいになった人たちは満足そうな表情をうかべてレジの前に並び、なにやら話しこんでいる。誰も急いでなんかいやしない。




隣の厨房では、よく磨かれた銀色の小鍋が火にかけられていた。数分後、コリアンダーの香り漂う海鮮雑炊はテーブルへと運ばれていくはずだ。




ポルトの昼どき、いつもの風景がカルドソ通りの食堂に流れていた・・・




秋の街角では、ふいに白い煙に包まれることがあった。



ゆらりもくもくと、まるで生きものみたいに姿かたちを変える煙の出どころには、使い古された栗売りの屋台があった。




冷たい北風が吹き始めるころ、どこからともなく栗売りはやってくる。地下鉄の出口、市場の片隅で、鉄板の上に並べられた栗の厚皮の切れ目から、甘い黄色がのぞいている・・・




「ひとつください!」 2ユーロを渡すと、栗売りは小さな紙袋いっぱいの焼き栗をつめこんでくれた。ポルトガル独特の、塩分で表皮が白みがかった焼き栗はしょっぱくて、やがてほんのり甘い😘




温かい紙袋を手に大聖堂の坂をのぼれば、橙色の瓦が並ぶ街が見渡せた。




窓枠のひとつに、色褪せたポルトガル国旗がかかっていて、どこからかあがった白い煙が、群青色のタイルが張られた建物の壁面をゆっくりと上っていく。




やがて季節が変わり、暖かくなってくると、そこにいたはずの栗売りの姿はもうない・・・




「夏の間、あの人たちは何をしているんだろう?まさか、幻か・・・」




そんなことを考えながら、またひとつ、旅人はどこかへと続く小径に足を踏み入れた・・・