そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

さぁ、みんな大好き?!『スパイダーマン』シリーズのトリビア

f:id:Cupidpsyche:20220107150539j:plain




全世界で歴史的ヒットを記録している『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、ついに日本でも1月7日(金)より公開されます😉




トビー・マグワイア版『スパイダーマン』(2002~2007)、アンドリュー・ガーフィールド版『アメイジング・スパイダーマン』(2012~2014)など、各シリーズからの敵が登場することがわかっている今作。全シリーズのトリビアをおさらいしてみましょう!




👉『スパイダーマン』シリーズ(2002~)



マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品ではすっかりおなじみとなった、コミックがパラパラとめくれ「MARVEL」のロゴが現れるオープニング!



初めてこのシーンが登場したのが、トビー・マグワイア主演のハリウッド版『スパイダーマン』(2002)でした。



🤔スパイダーマンの主演候補は?



主人公ピーター・パーカー/スパイダーマンを演じて、トップスターになった俳優トビー・マグワイア。



しかし、この役はもともと彼の他に、ジュード・ロウやフレディ・プリンゼ・Jr、クリス・オドネル、ヒース・レジャー、トム・クルーズ、クリス・クライン、コリン・ファレル、ユアン・マクレガー、ウェス・ベントリーたちも候補に挙がっていました。




しかし、原作の大ファンでコミックマニアでもある監督のサム・ライミがトビーこそ適役だ!とプッシュし、結果トビーが大役をゲットしました。



ちなみに親友のハリー・オズボーン役を演じたジェームズ・フランコも、当初はピーター役でオーディションを受けていたそうです。




🤔MJは赤いウィッグをつけていた?!



MJを演じるにあたり、キルスティン・ダンストは前髪部分のみを赤く染め、残りは赤いウィッグをつけていたようです。さらに2作目ではフルのウィッグを、3作目では地毛のブロンドを赤く染めて臨んだことを明かしています😉



🤔週末の3日間だけで1億ドル超えは史上初!



記念すべき1作目『スパイダーマン』は、公開された週末の3日間だけで1億2,500万ドルもの興行収入を記録しましたが、1億ドルを超える額を達成した映画は実はこれが史上初です。なお、週末興行成績の現時点でのトップは、2019年公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』が叩き出した12億2300万ドルです。



🤔レオ様が主役だったかもしれない!?



1990年代には、ジェームズ・キャメロン監督&レオナルド・ディカプリオ主演でスパイダーマン映画を作ろうというプロジェクトもあったそうです。しかし、結局二人はかの有名な『タイタニック』を制作し、歴史的な成功を収めています。



もし、二人が『タイタニック』ではなく『スパイダーマン』を撮っていたら、ハリウッドは今とは少々違うものになっていたかもしれません😉



🤔『ハリポタ』監督にオファーがあった?



スパイダーマンの大ファンを公言している監督クリス・コロンバス。彼のもとにも、監督をやらないか?という打診があったそうですが、直前に『ハリー・ポッターと賢者の石』のオファーを引き受けていたため泣く泣く断念した経緯が…😭。でも当の本人は、この選択に満足していると振り返っています。


他にも候補になった監督には、ローランド・エメリッヒ、デヴィッド・フィンチャーなどもいたんだとか😉




🤔グリーン・ゴブリン役の候補者


最初に『スパイダーマン』(2002)に登場し、最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で約20年ぶりにグリーン・ゴブリン役でカムバックする怪優ウィレム・デフォー。



この役も、当初はニコラス・ケイジやジョン・マルコヴィッチらが候補に挙がっていました。できることなら、別俳優や別監督の“マルチバース”バージョンも観てみたいところです😉



🤔CGではなく、接着剤で付けて実際に撮影!?



1作目『スパイダーマン』に出てくる、学校のカフェテリアのシーン。足を滑らせたMJをピーターが助け、食べ物をキャッチする場面は、実はCGではなく、トビーの手とトレーを接着剤で付けて実際に撮影したものです。視覚効果デザイナーのジョン・ダイクストラは、なんと!156テイクも撮影を重ねてようやく成功させたと語っています。



🤔“逆さ”キスシーンの裏側



『スパイダーマン』(2002)には、映画史上最もアイコニックなキスの1つとしても語り継がれる、ピーター&MJの“逆さ”キスシーンが登場します。


実にロマンティックですが、雨の中でしかも逆さ吊りのトビーは、鼻にどんどん水が入ってしまい、かなり大変な思いをしたそうです😭



🤔ヒュー・ジャックマンがカメオ出演予定だった?



アメコミ映画ブームの火付け役となった『X-MEN』(2000)で、ウルヴァリンを演じたご存じヒュー・ジャックマン。


実は『スパイダーマン』(2002)に同役でカメオ出演するという案もあったそうですが、なんと保管していたはずのウルヴァリンのコスチュームをスタッフが見つけ出すことができず、撮影は実現しなかったそうです。ヒュー本人が後日談として明かしています。



🤔コスチュームが4着も盗まれていた?



映画の撮影には、何かと珍事件もつきものです。セットからスパイダーマンのコスチュームが4着も盗まれるという事件が起こり、「発見者には2万5000ドルを支払う!」とスタジオが発表するほどの事態に発展しました。



その後1年半ほどの捜査の結果、元ソニーのセキュリティ係だった二人の人物が犯人だったとわかり、さらに二人は、1996年に起こった映画『バットマン』のコスチューム盗難の犯人でもあることが明らかになりました😱




🤔スタジオに相当な額のギャラUPを要求!



2004年の続編『スパイダーマン2』の制作にあたりトビー側は、第1作やその前年に出演した『シービスケット』でのスタントにより背中を痛めてしまったと主張し、スタジオに相当な額のギャラUPを要求しました。



この増額によって、トビーにかわる別の俳優を起用しようということになり、ジェイク・ジレンホールが候補となりますが、結局トビーのギャラは1700万ドルで落ち着き、続投になりました。なおジェイクは、2019年の『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でヴィランを演じています😉



👉『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ(2012~)



2012年の『アメイジング・スパイダーマン』で2代目スパイダーマンを演じたアンドリュー・ガーフィールドは、初めてコスチュームを着用した時、感激のあまり涙を流したと告白しています。



🤔2代目スパイダーマンの候補者



2代目スパイダーマンには、アンドリューのほか、アーロン・テイラー=ジョンソン、ローガン・ラーマン、ジェイミー・ベル、ジョシュ・ハッチャーソンらも候補に挙がっていました。



🤔グウェン・ステイシー役の候補者



一方のグウェン・ステイシー役は、ミア・ワシコウスカ、アナ・ケンドリック、リンジー・ローハン、オフィリア・ラヴィボンドらが候補となっていましたが、最終的にはエマ・ストーンが勝ち取りました。



🤔ハリー・オズボーン役の候補者



また、デイン・デハーンが演じたハリー・オズボーン役には、エディ・レッドメイン、サム・クラフリン、オールデン・エアエンライク、ダグラス・ブース、ボイド・ホルブルックらが候補に挙がっていました。



🤔MJ役にシェイリーン・ウッドリーが抜擢されたものの…



2014年の『アメイジング・スパイダーマン2』には、シェイリーン・ウッドリーがMJ役でキャスティングされます。しかし、撮影も行ったものの「登場人物が多すぎてストーリーがぼやける🤔」という判断が下され、最終的にはまるまるカットされてしまうことになりました。



シェイリーンはシリーズ第3弾に出演するということになりましたが、結局は映画の制作そのものが中止となり、お蔵入りになってしまいました😭




🤔コスチュームを着用して、2日で3キロも痩せた!



『アメイジング・スパイダーマン2』でデインは、グリーン・ゴブリンのコスチュームを着用しての撮影で、2日で3キロも痩せてしまったそうです。




🤔乳がんで亡くなった友人のために出演!



『アメイジング~』シリーズでメイおばさん役を演じたサリー・フィールドは、乳がんで亡くなった友人の映画プロデューサー、ローラ・ジスキンのために作品に出演することを決めたと明かしています😉




👉『スパイダーマン』シリーズ(2017~)


2016年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でスクリーンに初登場&MCU入りし、2017年の『スパイダーマン:ホームカミング』から主演シリーズがスタートした、トム・ホランド版スパイダーマン。ピーターを演じたトムは、役作りのため少々変わった経験をしています。




アメリカの高校生活を経験することが重要と考えたマーベル・スタジオ側は、2016年、NYの名門ブロンクス科学高校にコンタクトを取り、実際に在籍していた「アルン・ビショップ」という生徒のいとこ「ベン」として、2日だけトムを同高校に潜入させたそうです(真実を知っていたのは、教師やアルンらを含めほんの少数)。




英国人のトムはアメリカンアクセントで過ごし、誰にも正体を見破られることなく過ごしたと明かしています。男子校にしか行ったことのないトムは、この時、共学の経験を楽しんだようです。



ちなみにこの高校は偶然にも、ハッピー・ホーガン役を演じるジョン・ファヴローの母校でもあります。




🤔トムホがギネス記録も樹立!



『スパイダーマン:ホームカミング』の撮影終了時、わずか20歳と123日だったトム。「MCUでタイトルロールを演じた最も若い役者」として、2018年にギネス記録も樹立しています。



🤔1分間で約1億5000万円?



報道によれば、『ホームカミング』にアイアンマン役で出演したロバート・ダウニー・Jrのギャラは1000万ドルだったそうです。その出演時間の合計はわずか約7分半だったため、彼はなんと!1分間で133万ドル(約1億5000万円)も稼いだことになります!😱



🤔実年齢もみな同い年!



高校の同級生を演じているピーター役のトム、MJ役のゼンデイヤ、ネッド役のジェイコブ・バタロンの3人は、実年齢もみな同い年で1996年生まれです。




🤔オタクと教師ロジャーは同一人物!



3人が通うミッドタウン高校の教師ロジャー・ハリントンに扮しているのは、マーティン・スターです。


実は彼は『インクレディブル・ハルク』(2008年)にも「コンピューターオタク」役で出演していますが、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギによると、このオタクと教師ロジャーは同一人物なのだそうです。




🤔AI「カレン」はベテラン俳優!



『スパイダーマン:ホームカミング』で、スパイダーマンのスーツに内蔵されていたAI「カレン」。


その声を担当したのはベテラン俳優ジェニファー・コネリーですが、MCUでアイアンマンが開発したAI「ジャーヴィス」の声を演じ、のちにヴィジョンに扮した、俳優ポール・ベタニーの妻でもあります。



🤔「交際しないように」とクギを刺されていた?



過去に映画でスパイダーマンとガールフレンドを演じた俳優たちは、もれなく全員が交際しています。


トム・ホランドとゼンデイヤは、キャスティングされた直後、プロデューサーのエイミー・パスカルから「絶対に交際しないように!」とクギを刺されていたそうです😅



🤔ミュージカル『Rogers: The Musical』の広告が登場!



最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』には、『ホークアイ』にも登場したミュージカル『Rogers: The Musical』の広告が登場しています。ただし、一瞬なので、マニア&ファンの方々はお見逃しなく!



それでは、みなさん映画館でお会いしましょう😉




スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX [Blu-ray]