そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

2020-06-13から1日間の記事一覧

Phrase&picture second season 2

さようならテレビ テレビに育てられて君と共に生きてきた僕から言うよ さようならテレビ 何度でも言うよ さようならテレビ 昔、テレビがラジオを殺したように 君も殺される時が来た 巡りめぐるんだ 命ごいをしたって遅いよ 君はもうその役割を終える時を迎え…

Phrase&picture second season 1

あの日、僕が捨てたもの・・・ 持っているのが、重た過ぎてイヤになってきてイヤになってきてイヤになって・・・ 本当は捨てたくなかったのに、捨てなければならなかったと自分に言い聞かせて・・・ 見つからないよ・・・もう見つからない・・・ いい気なもんだね・・・ほんと…

大志を抱いて行け!行け! 松浦武四郎

1818(文化15)年2月6日、伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市)の郷士の家に小柄な第4子が生まれました。蝦夷地をくまなく歩き「北海道」の名付け親となった松浦武四郎です。 現存する武四郎の実家は、お伊勢参りの道筋にあたる伊勢街道と雲出川が交差する地…

コロナに疲れてしまった人へ

今、人々の心に何かが起こっているといいます。それは「コロナ疲れ、コロナうつ」 自分や家族の感染、経済悪化がもたらす倒産、廃業、失業などの生活への不安、差別されたり疎外されたりすることへの不安などです。 そして感染予防のために、人と人とが物理的…